無料ブログはココログ

カテゴリー「ゲーム」の2件の記事

株式投資を嫌う

不労所得を嫌悪しているので株式投資というものを意図して避けてきました。農地解放で得た土地を切り売りしたり、「おねだり農民」として楽な人生を送っている方々を軽蔑する資格のひとつには不労所得が無いことがあると思っています。また、自称デイトレーダーの7割以上が実は損失の方が大きいという(宝くじや公営ギャンブルほどではないにしろ)不幸な事象には「自業自得」というコトバ以外思い浮かばない私ですから、所詮はゲームである株式投資などトンデモナイ!でした。

そんな私ですが、さすがに住宅ローンを定年後まで抱え、10年以上の愛車が次回車検でどうなるか分からなくなっているので、今回の「100年に一度」の暴落では思わず「攻めるお金」(余裕資金)で好きな会社の株を買ってしまいました。ソニー、ホンダ、ヤマハ、、、、などなど。それら企業への支援であり、社会貢献だとの説もありますが、あくまで私は「趣味の世界」に拘りました。数年は保有するつもりですから、間違いなく2倍にはなることでしょう。アァ~嫌だ~~この不良所得!!

せめてもの償いとして、住宅ローンの繰上げ返済の前に、10数年経っても綺麗に写るトリニトロンを泣く泣くBraviaに買い替えたり、当分は売れないだろう四代目オデッセイにその初代から乗り換えたりして、内需拡大(というよりはそれぞれの企業の業績向上)には貢献したいと思います。

世の中の(所詮は不労所得狙いの)「金持ちお父さん」だった方々はいろいろと頑張って株価を押し上げてくれることでしょうね。ご苦労様です。お世話になります。

花火を嫌う-茨城の散弾銃男に同情する

私は花火が大嫌いです。あのような騒音、火事の元、そして環境破壊がなぜ許されているのか理解できません。その意味から、茨城の散弾銃男に同情しています。以下その記事です。

あぜ道の花火「うるさい」と散弾銃発射、67歳逮捕
茨城県警日立署は14日、同県日立市十王町、無職根本隆容疑者(67)を暴力行為と銃刀法違反の疑いで逮捕した。
調べによると、根本容疑者は13日午後7時30分ごろ、自宅近くの田んぼのあぜ道で、同市内の自営業男性(36)が花火をしていたことに腹を立て、自宅から散弾銃を持ち出し、実弾2発を発射した疑い。男性にけがはなかった。
男性は実家に帰省し、午後7時ごろから家族らと花火をしていたが、当時は1人だった。
根本容疑者は調べに対し、「うるさいので一度やめろと言ったが、やめなかった。男性には当たらないよう狙いをずらして撃った」などと供述しているという。(読売新聞) - 8月14日12時35分更新

「うるさい」と言われてからも30分は花火をしていたのですから、自営業男は相当に悪質です。それそこ暴力行為ではないか。また、テレビで観た限り、民家が隣接しているようなところで打ち上げ花火をしていたのだから、消防署はそこを問題にしてほしい。法律で禁止されているから、散弾銃を「ずらして撃った」としても逮捕されるのでしょうが、花火を「狙って撃った」ことで逮捕されたことがあるでしょうか?そもそも花火の軌道の精度などきわめて低いのですから、どこに落下するかなど予測できない(それも火が点いたまま)。こちらの方がよっぽど危険です。

もちろん、街中だけではなく、「まわりにひとがいないところ」(例えば、砂浜や高原の広場)でやるのも立派な「環境破壊」であることは言うまでもありません。

実は私は近所の狭い公園で花火を上げている集団を過去2度、消防署に電話して止めさせたことがあります。複数のマンションが隣接しているので、音が反響して煩いことに加え、ベランダなどに「着弾」すれば火事ですし、それまでの経験から、翌朝に近くを歩くと打ち上げ花火などの残骸がころがっている。これは、騒乱罪が適用されてもいいと思うのですが、少なくても、放火未遂であり、環境破壊(不法投棄)です。一方、止めさせられた集団(複数の家族連れや「集団交際」中の男女の若者)は、バツが悪そうに後片付けをさせられていました。消防署もすごいもので、消防車に職員を10人近く乗せてやってきて、到着後に整列し、その列をバックに代表者が花火集団に走っていって大声で止めさせました。

散弾銃男は一切反省していないとの報道もあります。ここは是非とも最高裁まで争って欲しいところです。その中で花火の反社会性やそれを支えるマジョリティの欺瞞を暴いて欲しいと思います。