無料ブログはココログ

« 「電車の中でガマン出来ないことって何?」を嫌う | トップページ | 駅前放置自転車クリーンキャンペーンを嫌う »

東京ジャズ2010を嫌う

BSに加入しないと全部見せないよ、というセコくて陰湿なテロップを「二画面表示」を使って非表示にしながら、東京ジャズ2010の放映を見ました。1年前に「東京ジャズのジャズミュージシャン」を嫌う記事を書きしたが、ますます嫌いになってしまいました。

まず、Part 3の最後の曲(つまりは最後の一曲)は一体なんだったのか。女性だけのコンボが頑張って(たぶん)男だけでは出来ないような、否、やって欲しくないような「無理な2曲」が続き、まあそんなもんでしょうと流していたところ、アメリカあたりの場末の安酒場が似合う、ロック調のほとんど作曲などしていない「音」に載せ、オトコはオンナのxxではなくて、yyを見るのョなんて叫んだかと思えば、腰振りダンスを披露し、挙句にバスドラの上に乗って、、、最後には「同僚」もほとんど白け切った無残な終わり方でした。高名なボーカリストの娘らしきこのお方を止めることは誰にもできなかったのでしょうか?(そういえば、かのMt. Fuji Jazz Festival」にもニヤニヤ笑いながら追悼曲を脳天気に歌っていた、高名なジャズ評論家の娘がいたな~。)

このブログの読者の方よりご賛同をいただいた、私の嫌いな「天才女子高校生サックス奏者」も無残でした。最初は練習したからでしょうか、類似の女流(!)若手(!!)サックス奏者よりは上手そうな雰囲気でスタートしましたが、アドリブの途中でリズムとコードの両方を外し、周囲のメンバーが心配のあまり各自の演奏の質を落としてバランスを取り、やっとテーマまで行き着いて終わりましたが、あんなものを放送する価値なんかあったのでしょうか?1曲だけ放映していましたから、他はもっと酷かったんでしょうね。あれならまだ、今どうなったか知りませんが、去年のヒノテルバンドにいた沖縄出身の少年ドラマーのほうが素直かつ健全でした。

渡辺香津美もクルセーダーズも、ベンチャーズの来日公演や(後期の)ジャイアント馬場の試合のような状態でしたし、ラリーカールトンもほとんど意味不明な競演を私と同じ年の日本人歌謡曲バンドのギター担当者としていました。まあ、上原ひろみがやっとクビになったのは吉報でしたが。

むしろ、これらビックネームのプログラムの間に中途半端に放映されていた、お金を取らず(取れずに?)に会場周辺で演奏していた各国の無名ジャズミュージシャンの演奏の方がマトモでしたね。少なくとも、聞いている方は納得している。これはジャズにはまったく似つかわしくない巨大なホールでの演奏があまりに無味乾燥だったから、そう見えただけかもしれませんけど。

、、ということで来年も楽しみにしているので、この記事を参考にしてNHKへの抗議などに利用しないでくださいね。

« 「電車の中でガマン出来ないことって何?」を嫌う | トップページ | 駅前放置自転車クリーンキャンペーンを嫌う »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

>去年のヒノテルバンドにいた沖縄出身の少年ドラマーのほうが素直かつ健全でした。

そうでしょう。
あの天才さんもヒノさんのお世話になったままで地道にコツコツ
勉強していたほうがよかったと思います。

外国にそれほど勉強に行きたかったのならレコード会社のスポンサーではなく
自身で働きながら行くべきです。時間をかけてでもです。

自分が「商品」に過ぎないことをどうして周りの大人は教えてあげないのでしょうか。
まだ若いのにあんな醜い(容姿ではなく、生き方として)姿を見たくはありません。

しかし、若くても未熟でも無知でもそれは親のせいでもスポンサーでも周りのせいでもなく
最後は自分が選んだ責任です。どんな状況(周りの絶賛が批判に変わっても)でも責任を
持つべきです。世の中にはどれほどの努力をし逆境の中で黙々と頑張っている人々がいるかを
死ぬまで学ぶべきです。プロはそれほど厳しい世界です。

若手のジャズに関して憂う通行人のおせっかいでした。

通行人001さん

お立ち寄りありがとうございます。

このドラマーについてネットでチョット検索したぐらいでは現況不明ですね。多分「事務所」がやっているご本人のブログもこの半年ぐらい更新されていなように見えます。ひょっとして、もうクスリで捕まったとか、AKB48と競演したとか、何かジャズミュージシャンとしての人生を暫くは中断せざるを得ないことでもあったんでしょうか。

本文では書ききれなかったことをこの場でもう一つ書くと、例のロンカーターがまたもやってくれてますね。「最も過大評価されているジャズミュージシャン」(WIKI)であり、ベンチャーズやベイシティローラーズのように日本での「評価」とギャラが高いので「日本通」(日本通い!」との触れ込みにもなっているこのピッチの悪いベーシストが例の天才女子高生と嬉しそうに競演していました。

ここまでくると、健全なジャズジャーナリズムの必要も感じます。自然に廃れるのを待ってもいいのでしょうが、こんなことに公共の電波が使われていると思うと、益々受信料の支払いは遠のきます。(←もともとその気も無いので、あまり関係ない)

札幌在住の者です。ジャズが好きな人間です。
地元の状況は雑誌で伝わっているようなもの(大絶賛)ではなく全く特に話題騒然ではありません。
普段ジャズを聴かない人が少し関心を持つきっかけになった、というくらいなのかな。

小学生の頃から売り込んでいる人なので「あぁまたあれか」といった感じ。
昔のほうがむっさい顔していたけど東京で仕事して笑うことを覚えたんでしょうね。
でもテレビで使われても、デカイ名前(山下とかナベサダとか)と共演しても
売れていないって感じかなぁ~
※デカイ仕事はあれってレコード会社の宣伝です。売り込みなので。

まぁどこにでもあるようないろんな話しは聞こえてきますよ、でもどうでもいいって感じです。
もっといい若手(きちんと先輩に厳しく育てられている)がいるのでそっちのほうがいい、って地元は見ているんです。


来春留学して帰国してまぁ25歳くらいまで、って感じじゃないですか。
ビジュアル系でもなさそうだし。

大騒ぎしている(webも宣伝活動なのかも)のを見るたび、ジャズマスコミはもうだめになったんだなって感じます。

このブログ面白いです。
「嫌い」を言い切る強さとどこかに人としてのユーモアがあって。


札幌人様
的確かつ親切なコメントありがとうございます。久々にブログを書いていて幸せな気持ちになりました。
確かに、営利企業が何でこの時代にビジュアル系ではない女子に「投資」をするのか理解できませんね。
札幌での情景も目に浮かびます。このお方にとって、やはり海外脱出しか当面は無いのでしょう。それでも某ドラマー君(ドラムスコ)のように、日本に戻ってきてから結構しっかりとした活動をしてるのもいますから、ここは将来のある若者に期待をしておきたいと思います。
また是非お立ち寄りください。気が向いたときにしか記事は書きませんが、今日まで142本の似たような記事を書いてきましたので、過去の記事でも面白いのがあれば是非コメントなどください。

健全なジャーナリズム!
整形外科医の道楽は批評はせず解説のみ。
演奏家崩れは内輪のウミかウラミのみ。
飲食店のオヤジは自己顕示欲だけ。
そして、JJ誌は何処で買えと言うにだ!!

携帯詩人さん
お久し振りです。たまにコメントを頂き、ありがとうございます。
整形外科医とは、ジャズ本をやたらに出すあの方ですね。その方のブログによると「天才女子高校生サックス奏者」を某極右ランペッターのデビューと同じように感じたそうです。
演奏家崩れは沢山いますね。元xx大学教授はあっても、元ジャズミュージシャンとはしませんよね。面白い。
飲食店のオヤジとはSJ誌をダメにした10人のひとりの、神社のような名前の方ですね。
JJ誌とは「女性自身」ではなく、Jazz Japanのことでしょうか?確かにあれを買うのは結構難しいですね。
またコメントください。

また書き込みして申し訳ありません、
地元の大型企画ジャズライブ(東京ミュージシャンや海外ミュージシャン)へ行くとよく寺久保エレナさんが登場してきて吹いています。
勉強したいとか吹きたいっていう気持ちはわかるんですが、この人の音を聴きたくてチケット買ってわざわざ会場へ来ているのではないのです・・・だったらきちんと最初から名前を情報に表記してほしい。だってプロデビューされている方ですよね?

「天才の登場!」と紹介されて出てきて、拍手しなきゃならない、聴いてやらなきゃならない、・・・もうこのパターン疲れた。行きたいライブがあっても、「あぁまた売り込みに来ているんだろうな・・」って。
また「天才の登場」聴かされるかと思うと・・・・・聴きに行くのやめよう、ってなるんです。

ちゃんと名前を表記して演奏したら、好きな聴きたいファンが集まるし、興味のない人は行かないし、こういう単純な選択をさせてくれないジャズの世界って本当に残念です・・・

好きな人は絶賛すればいいし、嫌いな人は嫌いと言えばいいし、
表現の自由だからいいけれど、選択くらいさせてほしい・・・・・

テレビならチャンネルを変えればいい、でもコンサートはチケットを買って、
その日を待つ時間を味わい、そして演奏を聴く、っていうお客さんの気持ちが
あるんです・・・

というつぶやきを書き込んでしまいました。
関係ない書き込みですいません。

落ち着くまで「行かない」、家でだまって「CDで聴いている」という選択を
するべきなのかな・・・

札幌人さん

私の拙いブログに大変有益なコメントをいただきありがとうございます。文章も行間に雰囲気があってとてもいいですね。

本題です。そんな悲惨で腹立たしいなことがあるんですね。前座だってちゃんと予告されているのにね~。決して安くはないチケット代を払っていて、そのような事態になったらであれば、私だったら主催者に返金を求めに行きますね。ここは学芸会ではなく、あれはサプライズでもない、単なる宣伝ではないか!と。

ちなみに私はここ暫くはジャズのコンサートというものを信用していないので行ってません。あたりはずれが多く、またそれが無いようなジャズはつまらない(CDで聞いたほうがいい)ので、結局はジャズのコンサートにお金と時間をかけることがむなしくなった経験からです。しかも、払ってしまったお金の元を取ろうと、妙に盛り上がっている(振りをしている)客を見るの嫌ですから。

また是非コメントくださいね。

FADさま

ご返信ありがとうございます、
「むなしくなった」、まさに今の気持ちです。

少し気分が落ち着きました。
こういう時代だからこそ、情報にのまれず、自分の意思をしっかり持ちたいと思います。
またゆっくり拝読させていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/49760415

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ジャズ2010を嫌う:

« 「電車の中でガマン出来ないことって何?」を嫌う | トップページ | 駅前放置自転車クリーンキャンペーンを嫌う »