無料ブログはココログ

« EAPを嫌う | トップページ | 東京マラソンを嫌う »

小川もこを嫌う

この40過ぎの、「売り」であるはずのJazzへの知見が甚だ怪しく、それでもNHKには受けだけはいい、マンネリ化しているこの司会者(?)をあえて嫌うのは、トリスターノ学派を継承し、嫌われることを厭わずに初心者を無視した演奏を続け、オリンピック選手のように日々ぎりぎりまで切磋琢磨しているジャズ・ミュージシャン=平井庸一を侮辱したからです。

とりあえずはこちらをご参照ください。http://www.nhk.or.jp/session/guests/new.html

インタビューしたらJazzの本質に迫る(故に理解できない)話しが続いたからでしょう、曲の紹介を促されて平井庸一が語り始めると、「短く!」とはよく言えたものです。番組の編集者を含め、その後の演奏から「怨」を感じることすら出来ない程度の感受性ではダメですね。

大体、少し前まではゲストに演奏をさせながら、「次回は・・」「入場方法は・・」などと失礼極まりない「案内」を平然と被せていた程度の連中に多くを期待しても無駄なんですが、平井庸一の演奏が素晴らしかっただけに、これは芸術・文化への冒涜だと感じた次第です。

FMを聴いていて興奮してしまいました。

追記:小川もこ、とは一体何者なのか、お分かりの方は是非コメントください。

(後日譚です。この4月に小川もこはNHK-FM「セッション2010」をクビになりました。「皆様の声」や反省に基づいているからでしょうか、出演するジャズ・ミュージシャンやその演奏内容の質が一定水準以上となり、番組の編成やナレーションも取り上げているジャズに相応しく、思わずNHKに視聴料金だけでも払いたくなりました。また、小川もこは岡田奈々と同じ1959年2月12日生まれであることが分かりました。既に51歳です。これはどうでもいいことです。)

« EAPを嫌う | トップページ | 東京マラソンを嫌う »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

すっかり最近のJAZZに興味を無くしてしまった者です。 小川もこ 全く知りません。 しかしブログを読んでいると
なんとなく怒りがフツフツと沸いてきます。 嫌いだ!

amiciziaさん
全く知らなくても問題ありません。無視して結構です。
私のように何かの弾みで遭遇し、すぐに嫌いになるジャズ愛好家は結構いると思います。
皆さん、それぞれの言論の場でしっかりと批判(非難)して、早く廃って欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/47585954

この記事へのトラックバック一覧です: 小川もこを嫌う:

« EAPを嫌う | トップページ | 東京マラソンを嫌う »