無料ブログはココログ

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) | トップページ | 「コラボ」を嫌う »

「ひとから嫌われるシゴト」で感謝される

この秋、シゴトはほとんどそのままで職場だけが変わりました。特殊な部門のため、ほかの部署との組織的な整合が取れなくなっていたものを是正したカタチになっています。そして、個人的には大変シアワセな移動(一部異動も含む)で、上司というものが実質いなくなりました。

一応、前の上司とはシゴトの関係は残ってもラインは別となり、今の部署では複数の上司がいるカタチになったのですが、特殊な部門の業務ゆえにだれも私のシゴトの全容を掴めない状態にあり、また、必ず私がやらなければいけないシゴトも大幅に減りました。それでも給料は変わらないのですから、私の「搾取」もほぼ完成の域に達したのかなと思う日々を過ごしています。

それでも自他共に変に問題にならないのは、普通の人なら嫌がるような「ひとから嫌われるシゴト」を進んでやっているので多くの方からは感謝されているからでしょう。所属している部門が疎かにしてきた(今でも一部疎かにしている)業務の改善なり収拾なりを積極的に引き受けたり、会社全体のルールや他の部門との矛盾を(発見しては)修正するというシゴトをやっているのですが、私の性格や人生観にも合致していて、実に味わい深いシゴトをさせてもらっています。(その具体的な内容をここでは書けないし、書いても分からないと思うので、割愛します。モッタイナイけど、、。)

売上のためなら会社は今までのやり方や少々のことは認めてくれる(少々のことは許される)と信じている方々(つまりは販売部門)が一番私を嫌っています。コンプライアンス重視という私にとっての「追い風」が、彼らには「向かい風」になっていることは間違いありませんが、これが季節風ではなくて、クリーンルームのダウンブローみたいなものであることをもっと真剣に考えたほうがいいと思います。売上のために「少々のこと」をやって退職に追いやられた方が毎年のように出ているのに全く理解できませんね~。(この内容もセコイのが多くてスゴイのですが書けないな~)

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) | トップページ | 「コラボ」を嫌う »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/46736505

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとから嫌われるシゴト」で感謝される:

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) | トップページ | 「コラボ」を嫌う »