無料ブログはココログ

« 上司の嫌い方 | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) »

TOEICを嫌う

2年ほど前に800点を超え、その後に(勤務先の異動時に)十分その元を取ってからは一度も受験していませんが、TOEICが漢字検定並みに怪しいという記事を読んでいろいろと想いだしました。(これはきっと数週でゴシップとして広がるでしょうね。選挙もあるからもう少し時間が掛かるかもしれません。)

http://eng.alc.co.jp/newsbiz/hinata/2009/08/toeic_15.html

TOEIC受験料自体で自腹を切ったことはありません。外資系企業の性として、TOEIC受験を(会社に実費請求できるようにして)奨励してくれました。管理職の登用基準にするなど「活用」する訳ですからこれは当然ですね。私の場合、10回以上をタダ受験しました。残念ながら、少し前に経費削減を理由に会社に請求できなくなりましたが、丁度私が810点を取った後だったので、個人的にはどうでもいいことです。

むしろ、TOEIC受験に一種の精神修養として取り組んでいた頃が懐かしく、(これは自腹の)TOEIC専門塾での4日間集中講座などは無性に愉しかったです。そしてあの神経質でストイックな受験会場の雰囲気は他ではなかなか得られない修養です。母校を含む、近隣の大学の教室での試験というのもなかなか得がたい体験でした。「本末転倒」もここまでくると清々しいものがあります。

そもそも企業がTOEICぐらいで本人の英語のコミュニケーション能力を見極めようなどというのは実に安直であり、手抜きでしょう。そんなものは、英語で自己紹介させ、Q&Aを5分もすれば直ぐに見抜けるはずです。にも関わらずTOEICのスコアがまかり通っているというのは経済合理性とヒトノミチに反していると思います。

、、ということで、TOEICが嫌いなのではなく、TOEICを嫌わないという怠慢が続いている社会や会社(には愉しませてもらった時期もあります)が嫌いなのです。屈折してるでしょう!

« 上司の嫌い方 | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) »

ニュース」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/45973448

この記事へのトラックバック一覧です: TOEICを嫌う:

» TOEIC300点アップ:英語エスカレータープログラム [英語克服大作戦!]
ベルリッツ、近畿大学、武庫川女子大学等多数の教育機関で英語教育を担当する天才英語トレーナー植田一三が、「一瞬でTOEICスコアを300点アップする極意」を公開します。 [続きを読む]

« 上司の嫌い方 | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その9.東京ジャズの「ジャズ・ミュージシャン」) »