無料ブログはココログ

« 緊急経済対策を嫌う | トップページ | テレビ「番組」を嫌う »

再・営業を嫌う

「営業を嫌う」という記事を来ましたが、今回は春に異動した職場編です。

勤務先には、「リーダー」という社内用語があり、給料や役職はそのままでなのに、ある部門のまとめ役をさせられている方(時に出世を目指して喜々として「用務員」的に仕事をこなす方)がいます。異動した職場の「リーダー」は営業以外の経験がないにも関わらず、販売担当者以外に、私のような濃いマーケティングや、製造系の業務、受注処理系の業務も束ねる役割を仰せつかっています。傍で見ていてもヒシヒシとした違和感や疲労感がその言動に出していて、そろそろメンタルが危ないかも知れません。

、、とは言え、私の「上司」ということになっているので、遠慮せずに「嫌う」ようにしています。

当面の「売上」が一番大切だという信念があるようで、それに皆が異論を挟まずに付いてくるものだと思っている節が見受けられます。アタマでは利益性や持続的成長、チームのモチベーションやモラル、さらには他部門との調整などを無視できないと分かっているはずなのに、追い詰められると「売上」に走ろうとします。でも後ろを見ると誰も付いてきていない。結果として職場で浮いてしまうのですが、幸い(不幸にして)皆もそれに気が付いていてもソッとしておく「大人の職場」です。

でも、本当のことを本当に言う、という「ひとを嫌う」動作を自然にやってしまう私としては、時にそのような「売上」至上主義の浅はかさをハッキリと指摘してしまいます。「社内のxxやyyとはいつからどう折り合いを付けるシナリオをお持ちですか?」「販売担当者ばかり増やしても足し算にしかならず、掛け算にはならないので、結局全体の効率は上がりませんよ」「派遣社員にコア業務を任せて、そのリスクは誰が負うのですか」などなど嫌がれることをニコニコしてお話しするので相当に嫌われているはずです。

こんな私が実は(前任者が酷すぎたのが主因ですが)販売担当各位から期せずして「好かれている」ため、「リーダー」としてオフィスには居難いようで、やたらと「顧客訪問」をしています。その客先が全体の優先度合いから見てどの程度か周囲も分かっているのでそれ以上はだれも追及しない「やさしい職場」です。

もう少し観察してからいつものように「嫌う」行動に出ようかと思っています。その際一番いいのは、(ご本人のお仕事とは無縁に)部門の業績を上げ、早く出世させて、別部門に葬る、ですかね。

« 緊急経済対策を嫌う | トップページ | テレビ「番組」を嫌う »

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

売上市場主義とのことですが利益(率)は置いておいてとりあえずボリュームという考えかたなのでしょうか?私も営業経験しかありませんが営業経験しかない人間というのはとにかく受注・売上が戦略のすべてになってしまいます。これはもう悲しいさがですね。

Amiciziaさん
私の「上司」は利益率には関係が無いビジネスしか経験が無いようです。私の勤務先には、もともと営業には利益率を教えないという文化をもった事業部門も多くありますので、そのような思考に到るのは当然かもしれませんね。
そして、営業活動を(だれかが)支えていてくれた部分を実際に担わなければならなくなると、どうしていいのか、どこまで優先していいのか、分からないのだと思います。
諸先輩方を想いだすと、会社員を営業のまま終えた方は皆幸せだったように記憶します。(倒れてしまうのは営業外へ「出世」してしまった方に多いようです。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/44873778

この記事へのトラックバック一覧です: 再・営業を嫌う:

« 緊急経済対策を嫌う | トップページ | テレビ「番組」を嫌う »