無料ブログはココログ

« 人から正確に嫌われる | トップページ | 株式投資を嫌う »

大声の駅員を嫌う

中島義道は過剰な駅のアナウンスや自動音声を嫌っていますが、生身の駅員(含、警備会社社員)による大声は嫌悪感という点ではより強いものがあります。その本人を見ているとどうも「仕事」ではなく、その場に乗じた「私事」のように思えるからです。「駅員の大声」ではなく、「大声の駅員」を嫌う行動に出ました。

以下、通勤で利用する駅の「お客様センター」とのやり取りです。今回も成果ありましたよ!

xx線をyyからzzまで毎日利用しているものです。朝のラッシュ時にホームで(安全確保のためでしょうか)大声で何かを発している駅員に数度遭遇しました。何を言っているのか不明な事もありますが、その大声自体が耳障りで極めて不愉快です。実は最初、何か精神的な障害のある方の突発的な症状かと思って我慢したぐらいです。そのようにせよとの業務命令からなのか、単なるご本人のストレス解消なのか、実際のところよく分からないのですが、周囲の様子を見ていてあの「業務」に実効性がほとんど無いことも不可解です。このような苦情を意見として連絡させて頂くことで事態が改善されることを期待します。(直接駅員に苦情を述べることにはかなりの勇気が必要です。)

鉄道会社とは言え、さすが民間企業だけあって、中3日で回答がありました。(地元自治体は大体2-3週間かな。)

いつもxx線をご利用いただきありがとうございます。xxをご利用の際ご不快な思いをおかけし、誠に申し訳ございません。日ごろより係員には、ホームでのご案内の際はお客さまの安全を第一に考え、周囲のお客さまに配慮しご案内するよう指導しておりますが、このようなご意見を頂戴することとなりましたことをお詫びいたします。係員には再度監督者より、周囲に十分に配慮し、わかりやすく適切なご案内を行うよう指導いたしますので、何とぞ、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。引き続き、より快適にxx線をご利用いただけるよう努めるとともに、お客さまへのサービス向上に取り組んでまいります。今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

確かに、今日の朝はいつもの「大声駅員」は静か、というよりは元気なさそうに見えました。

実はこれとほとんど同じ状態の「大声駅員」が元・国有鉄道のホームにも出没します。ただ、制帽らしきものをかぶっているもののどうも様子の怪しい「男」いて、大声で「・・チョ・・シュ・・エー・・ハー」とか何とか叫んでいるんです。つまり2人の「大声駅員」いるのです。果たして、(両方とも?)「社員」なのか(正しい意味での)ボランティアなのか、よく分かりませんのでもう少し観察してから行動に出るようにします。

« 人から正確に嫌われる | トップページ | 株式投資を嫌う »

心と体」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
駅員の大声、小さくなりましたか。
駅員の日常にストレスを与えたかもしれませんね(笑)
彼等の職場での唯一のストレス発散のような気もしますし、大声を出すことこと自体が目的化されているように思えます。
しかしながら、FADさんも言っているように意味のない大声は家畜を飼う農場主の家畜をトラックに積み込むごとく、
充分に駅員が自分達の上位性(?)を保つのに利用されているような気がします。
わたしは、下りの電車ですのでそういうことはないのですが・・・。
制帽をかぶっている輩は、単なる「鉄っちゃん」の可能性あり。
昔そういう人をみましたから・・・。(苦笑)

eric_breaさん
駅員の心理への洞察ありがとうございます。その通り、自分達の沽券に関わるような自体になると逆上する駅員は数度見かけたことがあります。
そういえば、先週、元・国有鉄道のホームで大声駅員に対して別の駅員が何か言いがかりをつけて口論になっていました。ひょっとすると「テッチャン」かもしれませんん。え

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/42853411

この記事へのトラックバック一覧です: 大声の駅員を嫌う:

« 人から正確に嫌われる | トップページ | 株式投資を嫌う »