無料ブログはココログ

« 続々・ワークライフバランスを嫌う | トップページ | 「おはようございます」を嫌う »

オリンピックを嫌う

中国でのオリンピックはナチス並みに政治目的が明白なのに、(MLBなどを除いて)参加を取りやめた国や競技者が無いのは、スポーツ関係者がノンポリなのではなく、積極的にこの「政治力」を利用しようという意図があるからでしょうね。この点はマスコミも同様です。

とはいえ、この2週間ほど、定時退社に近い状態でした。特に、日本選手が活躍した、水泳、一部の柔道、卓球、女子のレスリングやサッカー、ソフトボール、陸上400mリレーあたりは印象深いものがありました。逆に元々期待もしていなかったので、野球、体操、男子サッカー、男女マラソンなどはどうでもよかった。

CMや下品な演出といった「ノイズ」が少ないので、(長年受信料を払っていない)NHKしか見ないようにしていますが、遅れて始まるニュースの中で、(BS契約率アップのために)松坂や松井がどうしたなどと米国のプロ野球の「宣伝」をやっているのは実にセコかった。(不慣れな女性アナウンサーを現地に派遣したのも何かあったのでしょう。)

それなら、オリンピックにしても、NHKにしても嫌なら見なければいいという声が聞こえてきますが、平凡な日々にあって「人を嫌う修行」という点でもそこそこに充実した成果を得られるのは魅力的です。いくつか列挙します。

  1. 応援と称して奇抜な格好をして会場にいる、金とヒマのある連中の自己顕示欲をなんで満たすのか?あれは競技者の集中力を削ぎ、文化や民度というものを貶める国賊であろう。そして、そんなものまで放映するのは明らかに偏向報道やヤラセと同列ではないか。中国政府ならやってくれるだろうと期待したが放任されていた。あれは「先進国」のバカを晒しものにすることで国民を教育しているのだろうか。
  2. メダル数の比較は不公平ではないか?その競技の人数、その国の人口、さらには競技人口などを精査して加重平均をすべきではないか?水泳や体操など一人でいくつもメダルを取れる競技と、サッカーや野球など10人前後のチームでひとつしか取れないメダル数を単純に合計して同列に論じるのは不公平極まりないし、人口を分母に計算すれば恐らくは中国など中位以下だし、競技人口を分母にすれば馬術や近代五種など誤差の範囲だろう。
  3. テニスはなぜ無視されるのか?野球を廃止する理由にMBLが協力しないということがあるようだが、ロゲ会長は「テニスではフェデラーやシャラポアが出る」というのであれば、各局に強制的にテニスをしっかりと放送させ、その効用を認知させるべきではないか。
  4. どうでもよかったマラソンですが、国別に枠が決めているのであれば、なぜ補欠出場させないのか?同じ陸上でもリレーなどは補欠も出ているのに。あれは、体調管理も競技の一部と見做しているからなのか?

などなどいろいろあります。オリンピックといっても所詮は紅白や仮装大賞や24時間テレビのようにマスメディアは「視聴者」を取り扱うのでしょうから、雑感も注意していないと偏向しますね。

« 続々・ワークライフバランスを嫌う | トップページ | 「おはようございます」を嫌う »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/42261823

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックを嫌う:

« 続々・ワークライフバランスを嫌う | トップページ | 「おはようございます」を嫌う »