無料ブログはココログ

« マイレッジを嫌う | トップページ | 落書きを嫌う »

「死に神」誤用の素粒子を嫌う

「死に神」呼ばわりされた法相が激怒している「素粒子」という朝日新聞のコラムがあります。

今回問題になっている一文(「2カ月間隔でゴーサイン出して新記録達成。またの名、死に神」)は「死に神」を誤用しています。「死に神」とは「人を死に誘うという神。人に死ぬ気を起こさせる神。」(広辞苑)です。法相は死刑執行命令をしているのですから、誘ったりその気を起こさせるなどという間接的な役割とは異なる。(深読みするなら「残忍な殺人事件を起こせば死刑になれるんですよ」とアブナイ方々を誘っているのかもしれません、、)

2年前には「浦安の新成人。遊園地のネズミ踊りに甘ったれた顔して喜んでるようじゃ、この先思いやられる」で問題になりました。それではミッキーにビールでもかけて「荒れる成人式」にしろとでも、、。(「、、喜ばせているようじゃ」と行政の行く末を批判するなら賛同しますけど。)

思うに、筆者は散文詩風の思わせ振りな表現形式に甘え、言葉を正確に使った批評なり主張なりをしていない、一種の職務怠慢なのです。朝日新聞や筆者が「嫌いだ」と宣告するだけでもいいのだから言論機関として(カネを取っている以上は)正確に言葉を使って欲しいものです。

ちなみに、朝日新聞の会社案内によるとこのコラムの主旨は次の通りです。

夕刊一面の、これも売り物コラムです。日々のニュースを「寸鉄人を刺す」の意気込みで切ってみせます。14行と短いだけに、加藤明は早朝から新鮮な素材を探し出そうと新聞の隅々に目を通し、執筆に頭を悩ませています。 

この「寸鉄人を刺す」も次のような解説を読むと言論人が使う言葉なのか疑問です。

意 味:短い言葉で、人の急所や要点をつくたとえ。

解 説:小さな刃物で人を殺すという意から転じたことわざ。「寸鉄」は、小さな刃物。「寸鉄人を殺す」ともいう。

人からモノを学ぶことを「盗む」というのと同様に言葉を大切にしていない表現です。(時節柄「不適切な表現」でもありますね。)

悪評高い、アエラの駄洒落コピーも言葉を大切にしていないし、まったく朝日新聞社は言論機関として、またの名、貧乏神。この先思いやられる。

« マイレッジを嫌う | トップページ | 落書きを嫌う »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

鳩山法相と死刑については数ヶ月前に出た週刊誌などで読んでいて、まぁ そういう主義主張の人なんだろうな、と思っていました。 それにしても執行を決断するときは確か沐浴をしたり祖先の墓参りをしたりと それ相当の”工数”をかけているようです。 私個人の思想では死刑廃止論者ですが、彼のように何らかの哲学(フィロソフィーではなく)があるのは主義主張としては正反対ですが、別の意味で許せます。 一番いけないのが主義主張ではなく 前例踏襲型 です。実はこの議論も居酒屋で中島先生としたんです・・・・・

コメントありがとうございました。素粒子というのは論説委員とか編集委員クラスが書いているようですが、寒いギャグですね。新聞記者の言葉知らずというか。

Amciziaさん
法相も、裁判官も、検事も「仕事」で死刑に「前例踏襲型」で関わっている方がほとんどでしょうから、今回のように主義主張が少しでもあると問題になるのでしょうね。ここに裁判員制度が入ってくるともっと問題(恐らくは死刑判決の大幅増加)が出てきて、「前例踏襲型」が通じなくなることでしょうね。
ところで、中島義道はいつも「どうせ死んでしまう」といいつつ「死んではいけない」という死を基軸にした話しをよくしていますね。死刑についてどのように考えているのか一度聞いて見たいです。

sathhhideさん
コメントとTBありがとうございます。
素粒子は問題を起こして出世コースから外された元・編集長や役職定年になった「名ばかり」編集委員が書いているようです。だから周囲のチェックも効かないで外に出て行ってしまうんでしょう。
新聞記者の言葉(遣い)知らずは素粒子に限らずよくありますね。言葉を知っているのを誇示するためだけとしか思えない難しい言い回しにしている場合など見苦しい限りです。

本日はコメント有難う御座いました。

素粒子に関してコメントしようとずっと考えて居たのですが、何となくまとまらなくて・・・・・
結局URLの箇所にブログとしてまとめてみました。

ご報告遅れましたが・・・・・
お恥ずかしい事に「新しいブログ」を立ててしまいました。
リンク先はそこです。

PC作業中心の「自営業」でありますので、休憩ついでに書いてしまう自分が居まして・・・
またアホみたいに書き殴っております。

よろしければ、ご覧下さい。

ゆさこをゐちさん
死神報道は「差別用語規制」が生んだ歪みでは?との記事読ませて頂きました。素粒子筆者と朝日新聞は法相を糾弾したり非難するつもりはなかったそうですから、差別すらできないようです。単に表現が稚拙であったとお詫びすればいいのにプライドが邪魔をするんでしょうね。
ブログをいろいろ展開されているようなのでそちらもたまに拝見します。(スパム対策かもしれませんが、「コメントするにはログインしてください」は少々難儀でして、私はそうなっているブログにはコメントしないことにしています。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/41613619

この記事へのトラックバック一覧です: 「死に神」誤用の素粒子を嫌う:

» 朝日新聞@死神の精度 [satohhide’s log cabin]
法相、朝日新聞夕刊コラムを批判 「死に神」表現で(朝日) 鳩山法相は20日の閣議後の記者会見で、朝日新聞の18日夕刊1面の時事寸評コラム「素粒子」で死刑執行に絡んで「死に神」と表現されたことについて「大変な問題だ。そういう軽率な文章を平気で載せるということ自... [続きを読む]

« マイレッジを嫌う | トップページ | 落書きを嫌う »