無料ブログはココログ

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その8.ジャンルに拘らないジャズ・ミュージシャン) | トップページ | ワークライフバランスを嫌う »

やはり野良猫への餌やりを嫌う(地元区長との戦い)

季節が良くなった(悪くなった)せいでしょうか、野良猫餌やり系のキーワード検索でこのブログに来られる方が増えました。そこで、ひとを嫌う行動の難しさ(野良猫の飼い主編)ノラネコエサやり依存症患者を嫌うというタイトルでアップましたがその続編です。この分野では地道に戦いを続けています。

以下地元自治体(東京23区の某区長)との往復書簡を時系列で引用します。

題名:野良猫への餌やりを本気で止めさせて下さい

1丁目に住むものですが、件名、何度かお願いしてきたことです。最近、K区はノラネコへの餌やりが常態化している場所には腕章とウインドブレーカーを身に着けた監視員を置いて、直接注意をしています。効果は著しく、いくつかの「名所」が消滅してきています。そのせいなのか、S川を上って、I区にやってきて野良猫に餌をやっているひとが増えています。感覚的には5割増といったところです。特に悪質だと思うのは、二丁目のK第二公園の毎朝8時半~9時頃に現れる60歳ぐらいの女性で、近くのK大やマンション住民が迷惑しているにも関わらず、また、みどりと公園課がはっきりと禁止の看板を出しているにも関わらず、その前で堂々と10匹近い野良猫を餌付けしています。これをそのまま放置しているのは明らかに行政として黙認していることになりますし、また、近所の住民との諍いを招くことになります。実際、注意している住民と激しい口論になっている場面を数度目撃しています。前の区長の時にはある程度動いていただいたようですが最近はどうも放置されているようです。S区やK区など野良猫への餌やり対策では先進的な自治体に隣接しているので、このままだと、近隣から野良猫に餌やりをするひとが集まってきてしまいそうです。是非有効な対策(できれば監視員の設置)をお願いします。お時間があれば、是非、現場を一度ご視察ください。

区長からの返信

日頃、区政にご理解とご協力をいただきまして、感謝申し上げます。お寄せいただいた猫のえさやりに関する件、拝見いたしました。猫については、飼い主のありなしに関係なく、動物の愛護及び管理に関する法律第44条第4項により、「愛護動物」と指定されています。このため、猫のえさやりを止めさせることは、「動物の虐待」となり法に触れる可能性があります。また、看板が無視されていることは大変残念ではありますが、お願いとして設置されているものであり、えさやりの中止を強制する根拠となる法律及び条例がありません。K第二公園周辺の猫のえさやりについては、昨年12月にも苦情が寄せられたため、保健所職員がその状況を確認したところ、猫については不妊去勢手術もされており、えさの後片付けやふんの始末も適切に管理が行われていたことから、指導を要しないと判断したところです。さて、ご提案の監視員の設置についてですが、区としては猫との共生を図っていきたいと考えており、監視員を設置しても、上記のような理由でえさやりの中止を強制することはできないことから、導入については慎重に検討してまいります。なお、お手紙にありましたK区問い合わせたところ、区としてそのような監視員は、配置していないとのことでした。よろしくご理解のほどお願いいたします。ご意見をお寄せいただきありがとうございました。I区長

返信内容への質問と事実確認

S区長殿。いつも真摯なご回答ありがとうございます。この数週間、頂いたご回答を頭に入れながら野良猫に餌をやる方々のことを観察してきました。どうしても納得がいかないので以下に頂いた回答への質問を含め返信させていただきます。

>猫のえさやりを止めさせることは、「動物の虐待」となり法に触れる可能性があります。

弁護士がそのように言うのでしょうか?そのようにはっきりとなった事例は調べた範囲ではないようです。それよりも、無責任に(自己満足のために)避妊手術を施されていない野良猫に餌をやり続けて子猫をたくさん生ませて平気な方がしていることの方がよっぽど「動物の虐待」ではありませんか?

>えさやりの中止を強制する根拠となる法律及び条例がありません。

何条か調べていませんが、憲法や民法や区条例にも、健康で衛生的な生活は基本的人権として行政には遂行義務があるはずです。えさを無責任に放置する方が大多数となっている現状(次項参照)にあって、そのえさにたかるカラス、ゴキブリ、鳩などがそうでない場所よりもはるかに多く集まって不衛生になったり、十数匹の猫が(冷房を付かずに窓を空けて就眠すると)ギャーとかウゥーとか子供が泣くような声を出して目覚めさせられたりしている区民の衛生や健康を考えてください。I区で条例を作らなくても適用できる法はあるはずですし、そのような条例が必要なら区長が率先して提案して作ればいいだけではありませんか?

>K第二公園周辺の猫のえさやりについては、昨年12月にも苦情が寄せられたため、保健所職員がその状況を確認したところ、猫については不妊去勢手術もされており、えさの後片付けやふんの始末も適切に管理が行われていたことから、指導を要しないと判断したところです。

これは職務怠慢です。そのようなことが無いことは自分で確認しました。保健所職員が確認できた状況も確かにありますがその数倍はそうではない状況があります。K大学やT病院の寮の関係者にご確認をいただければこれは裏付けられるはずです。

>K区に問い合わせたところ、区としてそのような監視員は配置していないとのことでした。

これについては私の勘違いでした。あの方々は全くのボランティアだそうで、「迷惑をしているのに区が動かないので自ら活動をした」そうです。完全とはいえないようですがかなりの効果はあったようです。また少々トラブルもあったようですが「無責任に野良猫に餌をやる連中が増えたら始める」とのことでした。

以上、ご確認のほどよろしくお願いいたします。

[さてどのような回答が来るものか?所謂「お役所仕事」なので大体3週間ぐらいかけて回答が来ますのでそろそろです。その際はアップするようにします。]

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その8.ジャンルに拘らないジャズ・ミュージシャン) | トップページ | ワークライフバランスを嫌う »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
浅はか&無責任な餌やり依存症者とだけでなく、おざなり区長とも闘っておられるのですね。敬服します。
>猫のえさやりを止めさせることは、「動物の虐待」となり法に触れる可能性があります。
愛護団体や餌やり活動家のウソを信じ込んでいるだけです。

公園での野良猫飼育と動物愛護法について 福岡県大牟田市ホームページ
http://www.city.omuta.fukuoka.jp/chiiki/koe18/9/e1_44f7e135_456.html
>野良猫については動物愛護管理法においては無主物(飼い主のいない猫)として
>判断され、餌をやらないよう行政が指導することが虐待行為にあたるかどうかに
>つきましては、福岡県を通じて同法の所管省庁であります環境省に照会しました
>ところ「虐待行為には該当しない」との回答を得ているところであります。

>えさやりの中止を強制する根拠となる法律及び条例がありません。
これも同様で、猫マニアのウソを妄信しているに過ぎません。
有名な判決があります。

猫の餌やり行為、裁判の嘆願書の署名活動が不法行為とされた判例
事件番号:平成13ワ1958 H15. 6.11 神戸地方裁判所
http://www.kamisama-tasukete.com/archive/esayarikoube_a.htm
<事案の概要>
本件は,原告が被告に対し,
①猫の糞尿等による被害を発生させたこと
②裁判の嘆願書の署名を求める活動に際し名誉毀損行為等をしたこと
③室内犬をゲージに入れて外に出し鳴き声による騒音を発生させたこと、ラジカセから
大音量で音楽を流したこと
を理由に,これらが共同不法行為にあたるとして,損害賠償を請求した事件。

<判例要旨>
1 猫嫌いの人が猫の糞尿被害を訴えているのを知りながら野良猫に餌を与え続けた
近所の住人の行為が違法となる
2 上記被害者が調停を申し立てたのに対し,訴え取下げを求める嘆願書への署名を
近隣の多数住民から集めた行為が名誉毀損にあたる
3 犬及び音楽の騒音についても、原告らがこれにより睡眠を妨害されるなどの迷惑を
被っていることを知った以降の分は違法となる
との判断を示した。

<判決理由抜粋> 1 猫の餌やり行為につき
 被告人らは,明確に野良猫への給餌の中止を求められたことはないものの,原告らが
猫嫌いであり,野良猫の糞尿等を苦痛に感じていることを知っていたのであるから,
野良猫への給餌を続行することが原告らの迷惑になることは認識できたものであり,
給餌を続行したことにつき過失がある。
 世の中には様々な嗜好の人々が存在し,猫等の小動物を好む人も多く存在する。
こうした嗜好に基づく行動の自由はできる限り尊重されるべきではあるが,一方で猫,
特にその糞尿等による臭いを嫌う人も多く存在し,現代社会,特に都会においては,
このような他人に不快感を与えないようにする配慮も当然要請される。
 したがって,近くに猫嫌いの人がおり,自分が野良猫に餌を与えることにより付近に
野良猫が集まるようになり,その結果,野良猫の糞尿により猫嫌いの人が大きな
不快感を味わっていることを認識できる場合には,野良猫への給餌を中止すべき
であり,給餌を続ける行為は,野良猫による被害が受忍限度を超えるものである
以上は違法であるというべきである

突然の長文すみませんでした。どうか頑張ってください。

JSU152mさん
情報提供ありがとうございます。
要点は、
1.動物の虐待にはあたらないという環境省判断がある
2.不快感の受忍限度を超えた場合には違法である
、、の2点かと思います。これは是非(まだ返事を寄こさない)区長に「情報提供」してその不作為を自覚してもらうようにしたいと思います。
私の偏向したブログでも検索エンジン経由の「通りすがり」の方が結構多いもので、頂いたコメントにも多くの方が目を通すと思います。問題意識を広め、解決策の具体化に向けて少しでも良い影響があるといいですね。
またコメントなどよろしくお願いします。


猫の餌付け注意され逆ギレ、殺人容疑 近所から苦情  朝日新聞  2008年6月6日10時58分
http://www.asahi.com/national/update/0606/TKY200806060001.html

 自宅のあるアパート敷地内で野良猫に餌付けしていたことをめぐるトラブルで大家ら2人を刺したり、切りつけたりしたとして、川崎臨港署は5日、川崎市川崎区浜町3丁目、無職高田正雄容疑者(69)を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕した。大家がまもなく死亡したため、同署は殺人容疑に切り替えて調べている。高田容疑者は「酒に酔っていてよく覚えていない」などと供述しているという。

 調べでは、高田容疑者は5日午後3時40分ごろ、野良猫に餌をやらないように注意されたことに腹を立て、住んでいるアパートの2階の外廊下で大家の片野文也さん(76)の首や背中をサバイバルナイフ(刃渡り16.5センチ)で数回刺した上、駆けつけた片野さんの長男の妻(42)の顔を切りつけ、けがをさせた疑い。

 同署によると、高田容疑者は4日に家賃を払った際、片野さんに餌をやらないよう注意され、5日も同じことを言われて腹が立ったなどと話している。このアパート周辺では、猫の尿などで悪臭が漂っていると、住民から片野さんに苦情が寄せられていたという。


野良猫の餌やりが苦情を言われても聞くどころか、逆上して食って掛かったりするのはよくある話ですが、これは言語道断の事件です。
他にも、餌やりによる殺人未遂や傷害事件が複数起きており、報道されない傷害事件や、猫で迷惑している人へのストーカー行為なども多数起きているのでしょう。
餌やりが常態化すれば、人命より猫(を可愛がる自分への自己陶酔)を優先する反社会的な猫至上主義者が居着く可能性があり、地域の治安悪化の原因となりかねません。
区役所へも、そういうリスクをどう考えるのか問うてみてはいかがでしょうか。

JSU152mさん
引用された事件は他人事ではなく、近隣でのトラブルは複数耳に入ってきています。私自身は以前ブログに書いた程度で済んでいますが、一市民としてはこういう事件のような逆恨みを避けながらの闘争にならざるを得ませんね。
いまだ区長からの返答はなく、以前の別の案件での経験では1回しか返事はしないようにしている節もあります。前回頂いた内容と併せて催促するようにしたいと思います。
(ところでご覧になったか、先日のNHKの「ご近所の底力」というテレビ番組では、変わらず「地域猫」などという餌やり依存症患者を増やすだけの「解決策」を取り上げていました。バラエティ番組とは言え、この種の偏向した、お笑いやお涙頂戴での番組作りには被害者として全く納得がいきません。)

的外れな質問だったら申し訳ないです。つまり、世の中の野良猫がみんないなくなれば大団円なのに…って事てすか?難しい事はよく分かりませんが、結局どうなればいいとお考えですか?不躾な質問すいません。

質問ありがとうございます。
野良猫を嫌っているわけではありませんよ。猫自体はかわいいものです。
野良猫に自分の欲求から他人や野良猫自体の迷惑で考えずに餌をやる方がはっきりと(路上喫煙者のように)糾弾の対象となり、「世の中」からみんないなくなれば、、、と考えているんです。
もう少しいえば、その欲求の多くが一種の依存症として治療の対象になればもっといいと考えています。

「猫に餌」を注意され隣家女性を刺殺 70歳の男を逮捕 千葉
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/090827/crm0908271820024-n1.htm

27日午後1時40分ごろ、千葉県船橋市習志野台で「包丁を持った男が
女性を追いかけている」と110番通報があった。
船橋東署員が現場にかけつけると、女性が自宅付近で腹部から血を流して倒れており
同署は殺人未遂の現行犯で女性の脇に包丁を持って立っていた、
近くに住む無職、林喜市容疑者(70)を逮捕した。
女性は病院に搬送されたが、間もなく死亡。同署は殺人容疑に切り替えて捜査している。

林容疑者が2年ほど前から野良猫の餌付けをしていたことを巡り、女性とトラブルになっていた。
同署の調べに林容疑者は「猫のことで注意され頭にきてやった」と供述しているという。

「餌やりを見たら人殺しと思え」様
宮城県からのインプットありがとうございます。
この記事、男女が逆の方がリアリティありますね。
、、以上。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/41112269

この記事へのトラックバック一覧です: やはり野良猫への餌やりを嫌う(地元区長との戦い):

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その8.ジャンルに拘らないジャズ・ミュージシャン) | トップページ | ワークライフバランスを嫌う »