無料ブログはココログ

« 電車で肩を叩くストレス男を嫌う | トップページ | あなたにとって嫌な仕事とは? »

やはりJR東日本を嫌う

エイプリルフールかと思った地味な新聞記事です。

山手線ホームに可動式さく 転落防止に設置へ

JR東日本は31日、山手線の駅ホームに、乗客の線路への転落を防ぐ可動式さくを設ける方針を明らかにした。17年度までに全29駅での設置を目指す。同社は東北・長野新幹線の9駅に同様のさくを導入しているが、在来線での設置は初めて。可動式さくはホームの線路ぎわに設置され、到着した電車のドアが開いている時にだけ開く。すでに導入している新幹線の9駅では02年度以降、乗客の転落事故が起きていないという。同社は今後数年間で2、3の駅に試行的にさくを設置。電車の到着から発車までの時間が現在よりどのくらいかかるかや、ホームのスペースが狭くなることで乗客の通行にどんな支障があるかなどを調べる。山手線では新大久保駅で01年1月、線路に落ちた男性を助けようとした韓国人留学生ら3人が死亡する事故が起きた。これをきっかけに同社は可動式さくの設置の是非を検討していた。(朝日新聞、20080401日)

JR東日本が3月31日に発表した『グループ経営ビジョン2020~挑む』に「揺るがぬ決意・究極の安全を目指して」として「安全設備重点整備計画を引き続き進め、安全上の弱点を補強し、リスクを低減する」のひとつに「ホームの安全対策の一環として、山手線への可動式ホーム柵の導入に取り組む」とありますから本当の話しなのでしょう。

2001年から検討していたそうですから随分と慎重に「是非を検討」していたものです。そして、山手線全29駅に2017年までの9年もの歳月をかけて設置するそうですからよほど「支障」のあることなのでしょう。(都営地下鉄では企画から完成まで数年だったと思います。これも石原知事のリーダーシップのなせる技だったのでしょうか。)

そして、なんで山手線だけなのか?京浜東北線でも埼京線でも中央線でも総武線でも宇都宮線でも高崎線でも東海道線でも横須賀線でも南武線でも横浜線でも、、、みなラッシュ時の混雑の度合い(による「リスク」)やヒトの命の尊さは同じはず。

これは、目の不自由な方、酔っ払い、自殺志願者の問題だけではありません。今時、ホームで並んで待つときに最前列にいるのは勇気が必要なのです。(さすがの私でも『塩狩峠』精神はありませんので助けませんよ。)長年、人々の「善意」に甘えてきた鉄道会社がその間違いをもう無視できなくなっているのです。そして、一方では有効な対策が具体化しているのですから、何かあれば「不作為」は当然問われることでしょう。

安全には怠慢で金儲けに忙しいJR東日本は嫌わねばなりません。(明日も用心して乗りますけどね。)

追記:JR東日本だけではなくて、東武でも西武でも小田急でも東急でも京王でも京急でも営団地下鉄(の多く)でも小湊鉄道でも埼玉新都市交通でも、、、恐らくは近鉄でも名鉄でも阪急でも阪神でも、、、同じですけど。都営地下鉄や東京モノレールでは違います。

« 電車で肩を叩くストレス男を嫌う | トップページ | あなたにとって嫌な仕事とは? »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

コメント

JRと聞いた瞬間に嫌悪感を感じますね。 そもそも「やってますよ」ということをアピールせんが為の活動でしょう、真剣に考えれば山手線だけですむ話では無いですね。 例えば新宿駅だけやります、といったメッセージの方が正しいですね。 「ゆるぎない決心」などというのも嫌悪感を感じるフレーズです。 

Amiciziaさん
経営方針や選挙公約などと同じく、コトバというものを大切にしていない点で臭気を感じるのでしょうね。
また、例えばたまに通過する原宿駅がカネをかけて妙に綺麗になっているのを見ると地元駅との「差別」を感じます。安全対策予算も込みで、しっかりと「プール制」をやってほしいものです。

まさに、今日事故が起こりましたね。
JR全体の現在の基本姿勢は利益を出す。
それにつきますね。

未だ労働組合問題も抱えているようですし。
労働組合を変わると、定年が延びたりするそうです、また社宅で他の労組員だと、社宅全体で無視をするように指令が出るそうです。
今、JRの安全を守っているのは「時間給」で働く派遣とアルバイトだけでしょう。まともな投資をせずに利益を出す世の中のやり方を真似しているのでしょう。
経営というものを知らない人達が経営する会社ですから。

鉄道マンの誇りなどは、スト権ストの時に捨てましたからね。
あの当時の労働組合員の言葉を思い出します。
「なんで俺たちが、ありがとうございますって言わなきゃいけないんだ」
未だ体質は変わっていない。安全は増えずに労働貴族が増えただけです。

eric_breaさん
JRは、国鉄時代と比べて経営的には上手く行っているという「自信」があるのではないでしょうか。
国民から得た資金で積み上げた土地や設備などの資産をタダで貰って、過去の赤字は別会計という「民間企業」なんてありませんよね。最近は構内ショッピングモールなどの副業が(その有利な立地条件があって)上手く行っているのでますます「自信」を深めていることでしょう。
ericさんが指摘しているような実態があるとすると、もう鉄道事業なんてJRの「副業」になっているでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/40722680

この記事へのトラックバック一覧です: やはりJR東日本を嫌う:

« 電車で肩を叩くストレス男を嫌う | トップページ | あなたにとって嫌な仕事とは? »