無料ブログはココログ

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その7.平均点を狙うジャズ・ミュージシャン) | トップページ | タスポを嫌う »

日本たばこ産業を大いに嫌う

何かの事情でチッソやミドリ十字(現・田辺三菱製薬)に勤務する人には、兵器やたばこの産業に従事する人に比べ、原罪意識を背負っている分、嫌うチカラを削がれるときがあります。実際、たまに見聞きする社員の言動からは謙虚に懺悔の日々を送っているように感じることがある。

その逆で、今回はもともと嫌いな日本たばこ産業を大いに嫌いたい。一連の毒入り餃子問題が解決できないのにこんなことを予告しています。

パリッと焼ける特製皮のモチモチ感がアップ 「ひとくち餃子」 3月1日より全国でリニューアル発売 http://www.jti.co.jp/News/2008/01/20080122_05.html

たばこ依存症患者から税収を巻き上げるために存在していた公営企業は、その役割の惨めさを噛み締めながら日陰モノ扱いされていた頃が正しく、株式会社としての経営を強いられて食品や医薬をカネにモノを言わせて買い漁り始めてからはずっと迷走状態を続けているのだと思います。サイトを読んでいるとまさに「生き続け成長し続ける」ことしか考えていない。

もともと多くの一般消費者から嫌われていた企業です。提携するはずだった日清食品からもその食品に対する企業姿勢を嫌われ、一連の消費者対応でブランドへの信頼も地に落ちているなか、「ひとくち餃子」を一体だれが「くち」にするんでしょうか?

実はそんなことはどうでもよく、社会を舐めきったその企業姿勢には嫌悪感が沸き立つのです。倒産するかどこかに吸収されるまで続くのでしょうが、とっとと社名ぐらい変えればいいものを未だに「日本たばこ産業」なんですから、、、やはり「生き続け成長し続ける」こと以外は何も考えられない企業なんでしょうね。

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その7.平均点を狙うジャズ・ミュージシャン) | トップページ | タスポを嫌う »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

sun始めまして鈴木日記です、只今非常に良い記事を拝見致しました、有難う御座いました。
今後も、全て頑張って下さい。
鈴木日記3620
http://suzuki12345.cocolog-nifty.com/blog/

鈴木日記3602さん
ブログ界では有名(?)な恒例のコメントに太陽マークまで付けていただいてありがとうございます。
(多分「始」ではなく「初」だと思うのですが記念にそのままにしておきます。)

この文章は深いですね。 いわゆるヒールの頃の方が正しくて、いい子になった現在の方がうさんくさい と単純に解釈しました。 安物の焼酎が体に回っているのでちゃんとかけませんが・・・・もともと日本専売公社という会社でしたね。 タバコ、塩、砂糖 そういったものを独占的に扱っていた会社ですね。 それにしても日本専売公社ってネーミングも冷静に読むとすごいですよね。 冗談のようで大真面目でこんな社名の会社があったなんて・・・・渡辺大臣が言っている1940年代体制の遺物でしょうか・・・・

Amiciziaさん
ご解釈はその通りです。本来、存在するだけでコンプライアンスに違反するような企業活動をしているのですから、「民」ではなく「官」が専売することでその原罪を背負い、最期まで全うしてほしかったと思います。(因みに砂糖は専売ではなく寡占で、敗戦直後は超優良企業だった数社が今日に至るまでシミジミと商売にしています。)
でも、専売していた割には国際比較で安価とされているのですから、その「企業努力」(含む、ロビー活動)は他の公共事業体の鑑かもしれません。
参考のリンクです。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4740.html

こんにちは、FADさん。
確かに、素朴に考えて「日本たばこ」が成長する必要があるのか?
という疑問をとにかく持ちます。
最終的に、残ったとしても「嗜好品」の販売に特化する会社、それでは何故いけなかったのかと。
たばこがなければ、空気も天井も、電球も壁の汚れも、道の吸い殻もなくなって、それを掃除するコストもなくなるはず。
それを負わされているのは、すわない人間なんですよね。
今回も、「日本たばこ」が食品を扱う会社ではないことが証明されたとも言えるんでしょうね。

eric_breaさん
素朴な疑問は大切ですね。その通りだと思います
日本たばこ産業株式会社は、本来の意味での「NPO」(Nonprofit Organization)として出直すべきではないかと思います。このような企業が成長したり利益を出したりする社会は、少なくても「健康的」ではないはずですから。
この会社は医薬もやっているようですが、このままでは次は薬害事件ですね。

自己レスしておきます。
3月1日発売の餃子のリニューアルを案内しているリンク先を見ると、「※2月28日追記:中華deごちそう ひとくち餃子につきましては、発売を中止致しました。」とのこと。リンク先もいつか消去されることでしょう。きっと社内では社内を向いた社内用語一杯の会議が続いたことでしょうね。
また、今日の記者会見で社長ほかが出てきましたが、タバコ臭い感じで、とても食品を扱う風貌には見えませんでした。
まずは社名変更から始めないとだめでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/40067741

この記事へのトラックバック一覧です: 日本たばこ産業を大いに嫌う:

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その7.平均点を狙うジャズ・ミュージシャン) | トップページ | タスポを嫌う »