無料ブログはココログ

« ノラネコエサやり依存症患者を嫌う | トップページ | 東京ディズニーランドを嫌う »

米語を嫌う

「正月を嫌う」という記事を1年前に書きました。その中で<新年にあたって「何を止めるか」を決めて実行する>として、「満員電車に乗ること」「2次会への参加」「一日12時間以上の労働」を列挙しました。振り返れば、積極的には避けてきたものの、完全には止めていません。でも、その前に「完璧主義」は止めるようにしたので、まあいいかな~と思っています。

今年は「英語」に関連して止めたいことがあります。「米語」の使用です。

「英語」は仕事で毎日使うのですが、その際、アメリカの俗語(例:Honcho、Jazz Ups)やアメリカ社会を背景にした慣用句(例:Take a rain check on sth)を使わないだけでなく、だれかが使っても分からないフリをするということを始めてみたいと思います。同じようなことは「元号」で学生時代から続けています。(書類に元号が書いてあればそれを消して西暦で書きます。特に、今の元号を書いたり、発声したことは一度も無く、その「成果」で今年が元号で何年になるのかを知りませんが大して困りません。)

「英語」は「イングランド語」が起源ながら、「米語」が軍事・経済・文化の侵略に合わせて勢力を拡大し、その総仕上げとしてグローバル化の名のもと、「米語」を通じた世界制覇を完成させようとしています。アメリカ資本(勤務先)からの「搾取」と合わせて、今年はこの侵略へのゲリラ戦として米語排斥活動をやってみたいと思います。(ちなみに、日本人と韓国人ぐらいしか受験しないTOEICですが、辞書で<米俗>や<米略式>と出るようなコトバを問題文に使うと主催団体に猛烈な抗議があるそうです。健全なことです。)

、、とは言え、正調のBritish Englishを使おうというのではありません。英文法における「米語」の手の抜き方は利用(悪用)しながら、<米俗>を排すことで、文化性の無い、数式のように味気のない「英語」を目指そうとするものです。一方、アジアの同胞との活動、、ではなく仕事が多い私として、発音は各国の「方言」を互いに尊重することで統一戦線を張り、米語と帝国主義の粉砕せんとするものです。

戦果は後日報告します。

追記:TalkMasterで通勤時間に聞いている『NHKビジネス英会話』は、CIAが作らせているのではないかと思うほどに米語とアメリカのビジネスの話題ばっかりです。これは一度抗議しないといけませんね。(NHK受信料は相変わらず払っていないので門前払いを食らうかも、、。)

« ノラネコエサやり依存症患者を嫌う | トップページ | 東京ディズニーランドを嫌う »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/17565278

この記事へのトラックバック一覧です: 米語を嫌う:

« ノラネコエサやり依存症患者を嫌う | トップページ | 東京ディズニーランドを嫌う »