無料ブログはココログ

« 「週刊現代」嫌いを嫌う | トップページ | マメに嫌われる・三題 »

「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その5.うるさいジャズ・ミュージシャン)

中島義道の『うるさい日本の私』は、「私」が直接聞いた「善良な市民」による騒音との闘争記ですが、これは私が直接聞いた「無神経なジャズ・ミュージシャン」による騒音との遭遇記です。NHK-FMを(知る人ぞ知る)TalkMasterⅡに録音し、通勤時間に聞くのがささやかな楽しみなのですが、そこで初めて聞いた大坂昌彦というドラマーが今回のきっかけです。うるさくてだんだん嫌悪感が出てきたのです。

Roy Haynesというジャズ・ドラマーを評して、音自体はとても大きいのに少しもうるさく感じさせない(故に名手である)、という話しを聞いたことがあります。録音から察するしかないのですが、その音は確かに楽器の限界を引き出すが如くに大きそうで、手数(音数)も多いのですが、全くうるさく感じない。このことはElvin JonesもMax RoachもJack DeJonetteも(日本人なら猪俣猛や渡辺文男も)同じです。思うに、うるささとはもちろん音の大きさでは無く、手数の多さでも無く、無神経さ=感受性の低さに由来するものではないかというのが仮説です。

スイングジャーナル誌の人気投票で長年ドラム部門第一位という大坂昌彦ですが、その演奏は妙に目立つのです。でもよく聞くとそれは共演者を退けて、単に自分の主張をしているだけに思えてきます。別に自己主張が強いのは構わないのですが、ソロリストや他のリズムセクションの「主張」を無視して、対話のない一方的な(本人は良かれと思ってかもしれませんが)自己主張を続けられるとほとんど騒音と化します。加えて、これにはドラムセットのチューニングのセンスも大いに関係している。あのスネアの音は目立たせるためかやや低く外れ、余韻が強すぎる。

ドラマーに限らず、サックスならBrecker擬きやSanborn擬き、ピアノならEvans擬きもうるさい。「自己」主張が無いことに加えて、所詮は本家との比較で減点法でしか聞こえてこない。これはとてもうるさい(やりきれない)のです。なんといってもジャズなのですから、オリジナリティで勝負してほしい。そして、前回述べた「練習をしていない」が故の下手さ加減もうるさい(腹立たしい)。

そんなことを考えながらジャズを無作為に聞いてみると次々にうるさいジャズに遭遇します。特に最近の日本人のジャズ・ミュージシャンは全滅に近い。流行りのイタリア物も一部(例えば、Stefano Bollani)を除けば同じようなもの。もうジャズは進化を止めてしまったのかと思うほどです。

「うるさい」には、「お説教・嫌味などをあれこれ言う」とか「並みで満足せず高い水準をもとめてしつこいさま」とか「扱いに手間がかかり厄介である」といった意味もあります。(まるで哲学者のようですね。)そのような意味で「うるさい」ジャズ・ミュージシャンは嫌いではない。例えば、Milesを始め、Monk、Mingus、最近ではKeithやHadenはこれらに合致します。

ジャズ・ミュージシャンであれば、マーケティングではなく哲学に忠実であってほしいと思います。

« 「週刊現代」嫌いを嫌う | トップページ | マメに嫌われる・三題 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

大阪昌彦と原朋直のCDを持ってます。 あまり気になりませんでしたが、個人的には原朋直というのは評価してます。大阪のドラムは眼中にありませんでした。 エルビンジョーンズやマッコイタイナーは写真だけみるとものすごいパーカッシブというかガンガン派に思えるのですが、後に発見したのですが両者(特にマッコイタイナー)はリリシズムではないでしょうか? それからジャックディジョネットですが、彼はインディアンの血に目覚めてしまって、そっち方面の音楽をやってますよね。 宗教的な音楽、意外と好きです。 ドラムについてはあまり知識がありませんが好きなドラマー? う~ん フィリーリージョーンズかな?

Amiciziaさん
いつもコメントありがとうございます。
記事の後に更に考えてみたのですが、大坂昌彦のようなプレイには、「日頃から練習をして予め決めている演奏内容を他のプレーヤーや曲の展開がどうあれ必ずやり抜く」という姿勢あるいは計算を感じてしまうのところに嫌悪感があるようです。所謂リリシズムやインタープレイとは対極です。
その点、Elvin JonesやMcCoy Tynerなどのホンモノは強い主張をしながらも折り合いは付けている。(この折り合いがつかなくなってColtraneの許を離れたんでしょうね。)
Phily Joe Jonesは私も好きですね。テクニックをひけらかす輩の対極で、スタイリストというか、流行りの「安定感」というコトバが似合いそうな一人です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/16504560

この記事へのトラックバック一覧です: 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その5.うるさいジャズ・ミュージシャン):

« 「週刊現代」嫌いを嫌う | トップページ | マメに嫌われる・三題 »