無料ブログはココログ

« うつを嫌う | トップページ | マメに嫌う・三題 »

日本相撲協会を嫌う(朝青龍を救え!)

朝青龍の一件は、日本相撲協会のみならず、日本社会が「メンタルヘルス」をいかに恣意的に扱い、その本質から何も学んでこなかったか、が露呈しています。次の記事に、皇室の嫁でも、セコイ大臣でも、いじめられた側(あるいはいじめる側)の小学生でも、私のような会社員でもいいので代入してみてください。これでは自殺幇助です。

朝青龍 モンゴルで治療の可能性 (85デイリースポーツ)

日本相撲協会から2場所出場停止などの処分を受け、ノイローゼ状態とされる横綱朝青龍(26)=高砂部屋=がきょう5日、都内の自宅で精神科医の診察を受けることが4日、分かった。日本相撲協会の正式処分が下って以来、姿を現さない朝青龍は、この日も都内の自宅に籠城した。主治医の平石貴久医師は前日、精神面のケアのため母国モンゴルでの治療を勧めたが、師匠の高砂親方(元大関朝潮)は、時期尚早との判断で要請を受け入れなかった。だが、専門医の診断によって、帰国治療も現実味を帯びてくる。4カ月の謹慎、2場所連続出場停止などの処分を受けた朝青龍が、精神科医の診断を受けることが決まった。ショックからノイローゼ気味となり、依然自宅から一歩も出ていない横綱に対しては、主治医の平石氏が、母国モンゴルでの静養が一番と判断している。しかし、高砂親方は「順序が逆。まず会見を開くなり、ケジメをつけないといけない」と注文をつけた。また、前日夜に、朝青龍本人から電話があったことを明らかにし「やるべきことをやるのが先。動じる気持ちも分かる。つらいかもしれないが、ここは我慢だ」と諭したという。同親方は「周りの人に迷惑をかけたことを自覚し、自分の気持ちをしっかり持って乗り越えていかないといけない」と話した。1日に正式な処分が下ってから、いまだ朝青龍本人の会見も開かれていない。このまま黙ってモンゴルへの帰国を許可してしまっては、再び非難を浴びることは必至だ。相撲協会内でも、日本を離れれば、監督の目が行き届かないと危惧(きぐ)する声もある。北の湖理事長(元横綱北の湖)も「理事会が終わってからまだ2、3日。精神的に苦しんでいることは聞いているが、気持ちを落ち着かせるためにモンゴルに帰るというのは許されない」と述べた。だが、専門医の診察を受け、故郷での治療がベターと判断されれば、人道的な見地から帰国が認められる可能性もある。()

医師や家族といった拠り所を剥奪された人間がいかに脆いかは既に多くの事例が示している通りです。自責の念に駆られ、自問自答する時間を過ごす中、俄かに自殺というコトバが現実味を帯びて迫ってきます。一義的な意味での「篭城」することで辛うじて自分を保っているのに、「ケジメ」「我慢」などと廃れかけた風習にすがってそこから引きずり出そうとしているのですから、これはほとんど暴力でしょう。自殺に到らなくても、このストレスが適応障害や鬱病を引き起こしたら、朝青龍の家族は労災認定を申請できるはずです。

こういった事態に到らないためにこそ日本相撲協会はあるのではないでしょうか?今回の経緯は報道の通りだとしても、難しい判断を強いられ冷静さを欠いている当事者に、医師の診断を踏まえ、適切な指示を与えてこそ「相撲道の維持発展と国民の心身の向上に寄与することを目的」(同協会サイト)にしている協会の存在意義ではないでしょうか?報道されてくるコメント読むと、単に組織の面子を維持するために犠牲者が出ても止むを得ない、というココロが見えてきます。

そしてこの一件は、「メンタルヘルス」を声高に語る日本社会が、実はそれを流行りコトバやひとつの方便として「消費」しているだけであり、人道まで持ち出さなければ治療すら許されない社会であることを如実に示しています。

« うつを嫌う | トップページ | マメに嫌う・三題 »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

携帯からコメント投票です、今日はGoogleから朝青龍と入力したのですがFADの思想は残念ながらありませんでしたね。日本で唯一、こういった考え方は。
どのマスコミも朝青龍バッシング一面ですね

amiciziaさん
この件では不思議と挙国一致。でも、過去や現在の自分と照らし合わせながら、日本社会への違和感や嫌悪感を抱いている方も多く存在すると思っていますよ。
これで自殺でもしようものなら、マスコミ(やそれと大差ないブログ各位)は傾れを打って「メンタルへルス」の大合唱なのでしょうね。

私は格別、相撲ファンでありません。今回の問題の経緯・良し悪しについてもよく分かりません。ただ、日本国内の言動は朝青龍に、厳し過ぎるように思います。相撲ファンはモンゴルにも沢山いることを忘れてはいけないと思います。モンゴルの子供たちは横綱を英雄視しているのです。些細なアラを探して、横綱を批判するのは「いじめ」に同じです。そうした「いじめ」はモンゴル人ファンのプライドに傷をつけます。外国人に優しくする度量こそ「日本国技の品格」ではないでしょうか。私の意見は偏狭で、勘違いしているかも分かりませんので、外国(中国・米国などの環太平洋国家)のマスコミ関係者にも問いかけるつもりです。

菅原さま
コメントありがとうございます。
日本の国技の品格として、「弱者」の外国人にやさしくするだけの度量があるのか、は確かに問われていますね。でも、もともとそんな事で揉めるのが嫌だから、例えば、女性を土俵に上げないとかして「伝統」という名のもとで「品格」を維持している集団です。メンタルヘルスや外交問題にまで思考が及んでいるのか甚だ怪しいと思います。
このような部分最適的な姿勢は国技関係者だけではなく、伝統と名のつくものに依存すると陥りがちなことではないでしょうか。マスコミや個人も同様です。別にそれ自体が悪い事だとは思いません。ただ、そう思われたくないとセコイ反論をしたり、妙に奢るところは嫌いですが。

用は、朝青龍が強すぎるから、つぶしてしまえ、という情けない相撲協会の思い通り!

常に100%の体調で「戦いたい」と思う戦士は、少しの怪我でも大事を取るはず。腰を反らせると痛くなる症状なら、確かに「大事」になる前に休養を取るのが賢い選択だ。
和田あきこ?あんた自分を何様だと思ってるんだ?ただの一般人ならまだしも、TVで相手の事情も考えずによく言えるな。もしも、自分の発言のせいで、誰かが自殺とかしたら責任取る気あるのかな?それぐらい自分の発言に力があるんだから責任を見せてほしいな。責任を。まず、自分で責任をしめせ。
で、相撲協会の幹部は馬鹿だな。何が品格だ。力士が死んでも相撲界の品格は保たれるらしい。
http://blog.kansai.com/bbrsun/1459

http://ameblo.jp/kooks-chelica/entry-10040953531.html

http://www.sankei.co.jp/sports/fight/070628/fgh070628002.htm

あそれから、昔、貴乃花が報道陣を避けるためにマスクをかぶって夜の盛り場をウロウロしていたな。あれを手引きしていたのは朝日TVの相撲番だったはずだ。日本のジャーナリストは、どうしようもない、使い物にもならないな。いつも、外国TV報道の受け売りじゃないか。しかも、えらそうに権力振りかざして。馬鹿だな。特に、国民に嫌われないように変に気を使っているようだが、こっちが気分悪くなる。昔はできちゃった婚を批判的だったが、あむろ・なみえのできちゃった婚のときは、新聞・TVがこぞって「おめでとう」とか騒いでいたぞ。馬鹿か。
小泉政権でも、郵政自由化問題では当初批判的だったが、小泉政権圧勝で小泉になびき、で、今度は野党か?日本のマスコミの馬鹿には、いい加減にしろって感じだな。大体、だれが喜んであんな出演料の高いアナウンサーやタレントをTVや番組に出せって、頼んでるんだよ?全部、CM料を通じて、国民消費者が負担してるんだぞ。
んで、朝日新聞の高級とり、有名大学出身者は、「大衆ぶる」うそをつくのは、よくないな。やめとけよ。自分の足で、記事をとれ。自分の足で。自分の目で、世界の裏地を歩いて記事をとれ。それから、英雄ぶるのも馬鹿だな。
それから、サッカー。あれはお遊戯だよ。プロだろうが、子供だろうが、確かに技術はすごい。でも、所詮「ボール遊び」だろ?英語で「PLAY」するのがサッカーだろ?お遊びだよ。ボールを蹴りあいするだけの。あれを、感動とか、いうな。
それから、中田君。君がマスコミの前面に出て、大使館から頼まれたなどの裏事情を全部赤裸々と話せば、朝青龍が一人で背負うことはなかったんだよ。相撲協会にFAXで謝罪?FAXで紙を送って謝罪だったら、警察も裁判所も要らないよね。って言いすぎだけど、せめて、緊急記者会見を開いて朝青龍を守ってほしかったな。
それから、力士にとっては、サッカーだろうが豪快なヘディングだろうが、あれは日常の散歩のようなものだ。
考えても見ろ、横綱は毎日の相手は自分と同等のレベルだぞ。他の格闘技で言えば、毎日決勝戦やタイトルマッチをしているようなものだ。
つまり、毎日、レアルマドリードとマンチェスターUみたいな巨豪がベストメンバーで試合しているようなもんだ。日本のサッカーチームは、チーム単体なら序の口程度かな。日本のサッカーにスピードはないからね。
だから、相撲協会の会長は、本当なら「力士にとっては、サッカーなんか遊びだ。ただ、朝青龍がさらに腰を痛めていないか心配だ。大丈夫だろうか?」ぐらいの親心を見せれば、大人の対応ってもんだ。

マイケルホンダのアホな対日要求に静観していた日本の対応を、当初は「大人の対応」と思っていたが、今回のヒステリックな恥ずかしい場かな反応をみて、どこかの半島の過去思考の恨み根性に影響を受けた馬鹿なマイケルホンダの行動に反応できない、日本人は「怖いから反応できない」だけか?
日本人のケツの穴はいつから小さくなったのか?
日本人はやっぱり、弱い人間を苛めたがる民族なのか?
悲しいな。
マスコミで働いている人は、やっぱ、金のために人の人生を弄ぶんだな。汚い人種だ。


相撲ふぁんさん
お説ありがとうございました。

朝青龍に一言、相撲協会一言
私は相撲フアンとして一言言いたい!!!
朝青龍日本国技をなめるな!!!相撲協会も甘すぎる。綱位剥奪国外追放せよ!!!
外国関取の多い昨今、心技体、日本の精神は何処に行った!!徹底的に外国力士にこの精神を叩き込め!!これ以上国技を侮辱させるな!!協会も此れほど馬鹿にされて良いのか!!協会の役員は日本人か!!???腹立たしい限りである

西保さん!
私は朝青龍でも相撲協会でもないもので!!ご意見はこのブログに残しますが!!!是非とも関係者に対して直接行動にでてください!!!?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/16014057

この記事へのトラックバック一覧です: 日本相撲協会を嫌う(朝青龍を救え!):

» 朝青龍「神経衰弱」と精神科医が診断。 [徒然なる司馬に@「馬論」]
ついに朝青龍が「神経衰弱」と精神科医から診断を受けた。いままで様々な悪行を重ねてきて誰からも怒られなかった彼がいきなり、2場所出るな!モンゴルに帰るのもダメと言われてはそうなってしまうだろう。でも朝青龍に対しては同情は出来ない。気の毒だが自業自得である。診断書を提出して巡業をサボってサッカーに行くとは一般常識では認められない。 ただ、相撲協会にも問題がある。外国人力士を導入して人気回復に..... [続きを読む]

» 朝青龍に「神経衰弱」診断、モンゴル帰国を勧める [stay alive for a moment of the death]
 僕は朝青龍は大嫌いなんだけどさ、それとこれは違う話でさ、引退勧告なら引退勧告っと見えやすい形でやればいいぢゃんかよ。  それをねちねち女の腐ったような(差別用語です)やり方をする。 こんなわけわからん処理法しかできんのなら相撲協会ごと引退しる!! ...... [続きを読む]

» 朝青龍について! [一言居士!スペードのAの放埓手記]
朝青龍ことドルゴルスレン・ダグワドルジですが、全体的に朝青龍を角界から追放しようという方向性で動いている気はします。自宅謹慎4ヶ月というのは、ほとんど犯罪者扱いですが、朝青龍が切れてモンゴルに帰るのを待っているような気もします。(以下に続きます)... [続きを読む]

» 朝青龍の処分問題 [時評親爺]
例の朝青龍の巡業休み+サッカー問題に処分が下された。既に報道の通りであるが、こちらの2日付エキサイトニュース・サンスポ配信及び同毎日配信他に拠ると、「朝青龍を9月の秋場所と11月の九州場所の2場所出場停止と減俸30%(4カ月)、この日から九州場所千秋楽(11月25日)まで謹慎の処分」とあった。不肖は自他共に認める相撲音痴なので、案外この問題を傍観者的に観ているつもりだ。でまず第一に判らないことがある。巷間報道を見ていると、当初は「三重・四日市市内の病院で受けた診断結果」なるものがあって、それに拠ると... [続きを読む]

» 朝青龍サッカー事件で一番悪いのは日本国民かも知れない [滑稽本]
以前の記事。 マスコミの「仮病疑惑」に踊らされてワイワイやってる連中ね。 色々と問題があるんですね、この連中。 流れとしては、 ・朝青龍の休場発表 ・朝青龍のサッカー映像 ・仮病疑惑報道 ・協会の処置は、仮病→不問・サッカー→不問・モンゴルに帰るという軽... [続きを読む]

» 朝青龍は「抑うつ状態」と…精神科医が診察 [子育ちパパの航生日誌Q2.0]
これまでの朝青龍の振る舞いには過ちもありましたが、「抑うつ状態」と聞くと味方しな [続きを読む]

» 横綱朝青龍骨折でサッカーをプレーし相撲協会からズル休み処分として4ヶ月のレッドカードを提示! [オールマイティにコメンテート]
1日、日本相撲協会はけがで夏巡業への休場届を出しながら故郷のモンゴルでサッカーをしていた横綱朝青龍に対して2場所の出場停止並びに4か月間、30%の減俸処分の厳しい処分を下した。現役力士としては史上最高の処分となり横綱朝青龍の今年が終わった。前々から素行が...... [続きを読む]

» [朝青龍問題]横綱への敬意の違い? [BBRの雑記帳]
さて、旅行中に、政界以外の話でまずにぎやかになってきたのが朝青龍をめぐる一連の「騒動」ですね。疲労骨折のはずがモンゴルでしっかり走り回り転げ回ってのサッカー、中田ヒデもそんな話を聞いてないはずはなかったろうに、というのはまあ置いておくとして、やはり渦中...... [続きを読む]

» 包茎クリニックに鬱が語れるか? [徒然なる司馬に@「馬論」]
「朝青龍診断医は包茎クリニックだった・・・、私の中では(包茎治療も精神治療も)一緒。コンプレックスを治療する意味においては、その元を絶たねばならないので、矛盾はしない。」 そんなわけないだろう!! 包茎で悩む事も精神的な負担は掛かるが、それは治してしまえば精神的な部分は解放されるに決まってる。 こんな奴に鬱に..... [続きを読む]

» 朝青龍騒動に見る、日本の「メンタルヘルス民度」 [ダイイン]
私はスポーツ全般に興味が無い。しかも相撲なんて、そりゃもうどうかと思うほど興味が無い。 それでも今回の朝青龍騒動に多少なりとも興味があるのは、この騒動が日本の「メンタルヘルスに対する民度」をよく表していると思うからだ。 朝青龍の診断に関しては諸説あるけど、いずれにしても複数の医師が病気(またはその一歩手前)だと診断しているし、実際に食欲不振・睡眠障害などの症状もある。だから、もしこれが朝青龍でなくフツーの人で、仕事によるストレスから来る症状であれば、(ストレスの根源が自分の不祥事であったとしても)... [続きを読む]

« うつを嫌う | トップページ | マメに嫌う・三題 »