無料ブログはココログ

« 成果主義賃金を嫌う | トップページ | 残業人を嫌う »

アルコール依存症の皇族を嫌う

日本から部落差別がなくならない理由のひとつは皇族の存在にあるとずっと思っています。また個人的には、天皇の長男が私に似ているという事情もあり、皇族というものに対してもともと強い嫌悪感を持っています。彼の奥さんの病いには少々同情しますが。

でも、目にとまった次の記事で一気にブログを書きたくなりました。

■寛仁さま、病状公表後初の公務

アルコール依存症で治療中の三笠宮寛仁さまは3日、前橋市のグリーンドーム前橋を訪れ、競輪「第16回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」の表彰式に出席した。6月22日に病状を公表して以来、公務は初めて。観客から「大丈夫ですか」「頑張ってください」と声をかけられ、笑顔で手を振ってこたえた。寛仁さまは専門医にアルコール依存の状態と診断され、宮内庁病院に入院中。この日は日帰りの公務でもあり、医師と相談して出席したという。 (2007年07月03日18時37分)

これは何かのギャグ?アルコール依存症患者がギャンブル依存症患者と心温まる交流、と読めばよいのでしょうか?あるいは、担当医が治療のために醜悪なギャンブル依存症患者を見せてショックを与えようとでも?実はギャンブル依存症も併発していて完全に絶つと副作用が出るので、、。いずれにせよ、これはリハビリ出勤であることには違いない。

そもそも、税金で生活している輩がギャンブルに賞牌を出すこと自体に嫌悪感があるわけですが、ギャンブルの表彰式出席は本当に公務と言えるのか?(税金をたくさん落としてくれてありがとう、お陰で皇族の生活も安泰です、ならそうかも。)

正しいアルコール依存症患者は公衆の面前に出るときはもっと苦しい表情で挑む必要があります。それが後に続く可能性のある連中に嫌悪感を与え、その数を少しでも減らすことに貢献できるのです。皇族なんて酒飲まなきゃやってられないよ、でもいいのですがそうのたまうミットモナイ様を晒すのが正しい患者の振る舞いです。

パチンコ依存症の皇族が出たらどうするのでしょうか?今度は前向きに断酒会の全国大会への列席でリハビリなんかどうでしょうか?

« 成果主義賃金を嫌う | トップページ | 残業人を嫌う »

ギャンブル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
すごい情報ですね~
参考になります。

よかったらうちのブログにも遊びにきてください(*・・*)

スロットやらギャンブルさん
ご案内を頂きましたので「遊び」に行きました。残念ながらあまり楽しくありませんでした。読み方が足りないのかもしれませんが、メンタフダイアリーの方が参考になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/15651979

この記事へのトラックバック一覧です: アルコール依存症の皇族を嫌う:

» ニコニコ [ニコニコ]
日ごろの気になる事を書いていきます。 [続きを読む]

« 成果主義賃金を嫌う | トップページ | 残業人を嫌う »