無料ブログはココログ

« 日本男子テニスを嫌う | トップページ | うつを嫌う »

「人間嫌い」のルール

中島義道の最新作を一気に読んでしまいました。書店で発見してから3時間弱です。これは中島本の決定版になって「経典」状態になるかもしれません。(「コレ読め・・」の類にはならないでしょうが、、。)

今回は(大衆でも判るように?)恐ろしく親切に書かれているのです。いつものように普通は人が嫌がったり無視したりするような事柄をわざわざ引き合いに出しながら、ロジックの内的整合や類型化の見事さを維持し、カント、キリスト、ロジャース、三島由紀夫、塩見七生などを引き合いに出して(何でいつも日本以外のアジアの思想家・作家は少ないのかな~)、いつも以上の「オールスター状態」で書き綴っています。また、「社会的弱者」としての流行でもある、引きこもり、オタク、ニート、フリーターまでを語るなど、誰にでも符合する部分があるように(多分ワザと)書かれています。実際、私にとっては「ひとりでできる仕事を見つける」「家族を遠ざける」あたりの章が痛く心に響きました。

いくつか引用(と私のコメントを)すると、

「人間嫌いを別の角度から見れば、自他の感受性や信念に対して誠実性の要求が高い人と言いかえてもよい。これは、さしあたり他人の不誠実な態度に対して不寛容な感受性という形で現われる。」(これはもちろん行動にも出ます。)

「組織の中で人間嫌いが(比較的)許されるのは、次の場合である。(1)仕事ができること。(2)勤勉であること。(3)誠実であること。」(あえて追加すれば、(4)日頃は普通にみえること。)

「人間嫌いの多くは、大多数の人間は嫌いだが、その大多数の嫌いな人間から賞賛されるのは好きなのだ。」(ということは隠しつづける美学は大切にしたいですね。)

そして、人間嫌いのルール(と私の現状)です。

  1. なるべくひとりでいる訓練をする(ように特に家庭ではしています)
  2. したくないことはなるべくしない(ように特に職場ではしています)
  3. したいことは徹底的にする(ように土日や朝晩はしています)
  4. 自分の信念にどこまでも忠実に生きる(ように日々精進しています)
  5. 自分の感受性を大切にする(ことは昔から続けています)
  6. 心にもないことは語らない(ようにしたいと思っているだけでたまに出てしまいます)
  7. いかに困窮していても頼まれなければ何もしない(ように電車の中ではしています)
  8. 非人間嫌い(一般人)との「接触事故」を起さない(ようにしたいのですが、、)
  9. 自分を「正しい」と思ってはならない(んですか~)
  10. いつでも死ぬ準備をしている(のは私の両親です)

、、なんと体系的なんでしょうか(私の現状ではなく中島義道のこの著書が)。

まだまだ修行の道半ばです。

« 日本男子テニスを嫌う | トップページ | うつを嫌う »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

このブログを読んだのが木曜日の午後、そしてこの本「人間嫌いのルール」を買ったのが金曜日です。ですが、さすがに3時間では読めません、まだ最初の数ページを読んで、それから全体を飛ばし読みしました。 (私は非常にリテラシーが低く、本を速読する力が無いんですよね)この本の感想はまた小生のブログで紹介いたしますが、共感した1点は、”本を書くということ”に関しての部分です。 これは本当に私も同じことをかんじます。 書くことがあるから書くのですよね。

どうぞ「味合い」ながら読んで下さい。私は3回読んでも判らない所があって精読できていません。
本を書く、は大切な視点ですよね。ブログを書くも同じでしょうし。
そちらのブログでの紹介を楽しみにさせて頂きます。

「人間嫌い」がていねいに書かれている本でした。
私も、興味深くて、一気に読んでしまいました。
人間嫌いとは、単に人間を嫌うというのではなく、社会性を持ちながら、なおかつ自分に誠実に生き、社会を離れるという「高等技術」を要するのですね。
興味はなりながら、真似のできない部分を感じました。
おすすめ本ですね。

ぜんさん
同じ主旨のことを違う(もっと穏当な)表現でも十分伝えることができるということを、ぜんさんのブログでの本書の記事や頂いたコメントで思い知らされています。
この「人間嫌い」を「表面的に解釈する」ということがないよう、実践という「修行」を通じて理解を深めて行きたいと思います。
でも、文体はどうしても似てきてしまうんですよね。気を付けているですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/15816685

この記事へのトラックバック一覧です: 「人間嫌い」のルール:

» フリーター・ニート…依然高水準 [井沢 ブログ]
ちゃんと働くという意味が分からないのかもしれないですよね。 悲しいけどこうゆう人たちを更正できるような所が増えていくと良いなと思います [続きを読む]

» 『「人間嫌い」のルール』中島義道 [あれこれ随想記 ]
中島義道著『「人間嫌い」のルール』PHP新書、を読みました。{/fuki_osusume/} 中島氏の著書は、同じ考えというわけではないのに、妙に引かれるものがあります。 本書も、「人間嫌い」を実践できるわけではありませんが、とてもおもしろく読みました。 興味を持ったところを少し引用してみます。 >私が従っている格律は「人間嫌い」であり、いま少し細部にわたって記述してみると、「他人との付き合いを避ける」あるいは「みんな一緒ですることには参加しない」、さらには「他人に共感を覚えない場合には、共感し... [続きを読む]

« 日本男子テニスを嫌う | トップページ | うつを嫌う »