無料ブログはココログ

« 日経BP-NETの編集部を嫌う | トップページ | マラソン中継を嫌う »

堺正章を嫌う

Wikipediaからの引用。「あるある大事典IIでの納豆ダイエットに関する捏造報道(2007年)にMCとして参画(その後、番組は打ち切り)。堺自身がどこまで真相を知っていたかは不明。 」

きっとこの方は並みの二世コメディアン(お笑い芸人)なんでしょうね。TV出演を自粛しているかと思いきや、今日は「世界一受けたい授業」といった番組に先生役で出ていました。でも、もう意外性も何も無い、単に「目の死んだ」芸人に見えました。内輪受けはするのでしょうか、Wikipediaにあるように芸能人として年齢は食ってますし、その世界に留まるだけで「影響力」はあるのかもしれません。

ところで、玉置弘、土居まさる、みのもんた、関口弘、川端健二(?)の共通項は? 司会者が本業で(私と同じ)某大学卒業生!に加え目が死んでいるのです。自分の意志を押し殺して、これは人気取りや金儲けのためなんだ、と自分に言い聞かせているような目。この目、私は嫌いです。まだ谷地健吾のぎらついた目の方がましです。(谷地健吾をGoogleで引くとなんと私の過去の記事は未だに第三位!)・・・どうでもいい事ですが、私は6時40分ぐらいに渋谷のNHKセンター近くから天気概況を毎回セコイ工夫をしながら親身になって伝えるハシヅメさんのファンです。いつか「低気圧」と書いた棒を持ってみないな~。(失礼)

本題に戻ります。堺正章のあの何処を見ているのか判らない、小さい目には強い嫌悪感があります。この延長で言えば、まだ政治家諸士やテレビに出ている(暇な)経済人の方がましです。(でも御手洗某は大嫌いなので後日記事にします。)結局、その地位に相応しいだけの大した苦労や努力もしないで、たまたまそうだったという「過去」を笠に着ながら優位に立とうとしている人間を私は体感で嫌うのでしょうね。

« 日経BP-NETの編集部を嫌う | トップページ | マラソン中継を嫌う »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

自己レスです。[以下、たまたま発見した記事を一部引用します。]

堺正章「あるある」の補償問題はどうなる?
2月24日10時0分配信 日刊ゲンダイ

「発掘!あるある大事典(2)」(フジテレビ)のデータ捏造問題で先日、制作した関西テレビに対して民放連が会員活動停止の処分を発表。「すでに民放連内部で関テレの除名処分の検討も始まっている」(編成関係者)という。関テレは収入の大黒柱だった“日曜21時枠”をキー局のフジテレビに返上するが、これで「関テレ以上に窮地に陥っているのはフジだ」と言うのはさる芸能プロ幹部。
「あるある」に出演していたタレントの補償問題が暗礁に乗り上げているのだ。最悪は裁判に発展する可能性も取り沙汰されている。注目は番組のメーン司会を務めていた堺正章(60)と志村けん(57)の2人。「堺と志村の年間のギャラはそれぞれ一億数千万円。それが局の不祥事で絶たれてしまったわけで、問題にならないわけがない」(制作関係者)
「あるある」が打ち切られた当時、堺、志村メーンの番組が始まるといった話もあったが……。「『あるある』の後枠は『メントレG』がゴールデン枠に進出することで決着している。取りあえず堺には深夜枠を、志村には特番枠を提示したそうだ」(関係者)実際、もともとTBSで放送予定だった「ドリフ大爆笑30周年記念SP!」が今月11日「あるある」枠で放送され、視聴率もよかったことから関係者は安堵したとか。問題はもうひとりの大御所。「堺は提示された深夜番組にあまり乗り気じゃない。でも、フジも堺ありきでGP帯に番組を制作することは難しいと考えていて、堺サイドとの話し合いは平行線のままらしい」(フジ関係者)いまだに堺は公の場では「あるある」に関してノーコメント。本音を語るのはいつか。[了]

お笑い芸人の無責任さはこんな時に露呈するものなのですね。「チューボですよ」で食中毒でも起きたら、また逃げるんでしょうね。

志村けんのブログにあるコメントの方が自分を弁えていていいですよ。[以下そこからの引用]

残念です
今回あるある大辞典の件で各方面に迷惑掛けてしまいすいませんでした
今日新聞で番組打ち切りを知りました
正式にはまだ本人には何も聞かされていません
私らはスタッフの作った台本に沿って番組を進行しているので
こんなことになるとは
逆にスタッフに裏切られた感じです
視聴率欲しさに捏造はいけませんね
これからは本業のコント、笑いを一生懸命やって行きます[了]

特に最後の一節はとてもいいですね。

みのもんたさんの目だけは死んでないと思ったのですが・・ FADさんのこのブログを読んで数日間考えていたのですが、なるほど・・・いいですね。同感です。堺という芸能人は良く知りませんが、おそらく”怠って”きたんでしょうね。芸能人として・・・そこは萩原欽一さんに見習ってほしいです。 我々サラリーマンもふくめて、現状に恋々としていることほど見苦しいものはありません、そのまんま某ではありませんが、闘う人生こそ美しいのです。そういえばその人生において闘った経験の薄い某国の首相はいかがでしょうか?

どんな組織でも「戦った経験の薄い」人に指導者の資質は無いと思いますよ。
塩野七生によれば、イタリアの歴史教科書で「指導者に求められる資質は次の5つである」として、
1.知力
2.説得力
3.肉体上の耐久力
4.自己制御の能力
5.持続する意思
があるそうです。このあたりは闘わないと鍛えれませんよね。
5点評価で言えば「闘った事が経験が薄い」氏は3+2+3+3+3ぐらいでしょうか。そのまんま氏はまだ未知数のところがありますが、今のところ、2+2+3+2+2に見えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/14118203

この記事へのトラックバック一覧です: 堺正章を嫌う:

« 日経BP-NETの編集部を嫌う | トップページ | マラソン中継を嫌う »