無料ブログはココログ

« メンタフダイアリーから嫌われる | トップページ | 正月を嫌う »

「働いてみたい理想のオフィス」を嫌う

「悪い景観100景」を嫌う、という記事を以前書きましたが、その際にコメントを頂いた「あさみ新聞」に「働いてみたい理想のオフィス」という記事があり、読んでいるうちに段々嫌悪感が出てきました。(あさみ新聞にではなく、その「働いてみたい理想のオフィス」という企画やそれを取り巻くマジョリティの言動に対してですョ)

そもそもが就職情報誌が話題作りにやったこととは言え、n数がなんと20社しかなく、経営者や建築家の意向だけを紹介しておいて、社員がどう思って働いているのかについて情報を載せず、しかも、実際に働いている労働者ではなくて内定者や学生や若手社員にしか選ばせない、などなどあまりに酷い内容です。その上で、「開放的な空間」「アットホーム、温かみのある空間」「おしゃれな空間」がオフィスに求められる要素だ、などと結論付けているのです。これらは実際に働いた事がないからとしか思えません。

開放的な空間やアットホーム、温かみのあることが職場としてはいかにストレスや緊張感を強いるかが分かっていない。パーティションは低い方がいいような表現が随所に見られますが、仕事中に話し掛けられることがどれだけ集中力を削ぎ、ましてや上司から監視されるような状態で創造的な仕事などできるものでしょうか。特に心の病を持っている方などは耐えられない空間となります。

おしゃれとか言った形容詞のもと、経営者や建築家の独り善がりな発想で作られたオフィスがどれだけ使いにくいのか分かっていない。(一例。写真を見ればよく分かりますが、パソコンのディスプレイやキーボードの位置が人間工学的に正しく設定されているものはほとんどありません。キーボードが高すぎたり、ディスプレイが近過ぎたり、その画面の内容は周りから見られ放題、光りの入り方によっては目に悪い、、、。多くのノートパソコンに到ってはそれらすべてが配慮されていません。あれでは肩こりが酷くなって労災の素!)

仕事では(今は)暇な私ですが、オフィスにはこだわりがあります。オフィスは、なによりも閉鎖的な空間であるべきで、いやな上司や同僚とは最低限のコミュニケーションだけでも淡々と業務を遂行できるのが優れた組織、機能的なオフィス空間というものです。BGMなどもっての他であり、豪華な応接や会議室なぞでは業者に値下げ交渉などできやしません。そして、喫煙者が堂々と休めるような場所を設けるなら、その分給与を下げ、健康保険の負担率を上げるべきでしょう。

、、などと嫌悪感が違う方向に向かっていますが、私が「働いてみたい理想のオフィス」の究極の姿は、いまはなき新幹線グリーン個室でした。はやり変かな。

« メンタフダイアリーから嫌われる | トップページ | 正月を嫌う »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

私の勤めている会社の親会社は汐留にオフィスがあるのですが、ファシリティはいっちょまえですが、仕事の環境はそりゃもう殺伐たるものです。 それから私の勤務する会社も小石川後楽園の真横で、窓からは後楽園の緑・緑・緑で絶景の借景なのですが、仕事環境が殺伐たるものなので、そういう景観からの恩恵ゼロです。 どんなにボロいオフィスでも仕事の環境(上司や同僚との人間関係、仕事の中身等)の要素の方が大きいんでしょうね!

Amicizia様
その通りですね。後者(ソフト)で前者(ハード)は補えても、前者で後者は補えませんよね。後者を改善するための糸口にはなるかもしれませんが、あの記事のような発想ではさらなる環境破壊をもたらすと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/13099797

この記事へのトラックバック一覧です: 「働いてみたい理想のオフィス」を嫌う:

« メンタフダイアリーから嫌われる | トップページ | 正月を嫌う »