無料ブログはココログ

« AERA Englishで中島義道が対談! | トップページ | 暇な仕事を嫌う »

TBS世界バレーも嫌う

世界バスケを「独占」放送したTBSの企業姿勢は実に酷いものでしたが、また同じようなことをやっています。いかにも生放送のような振りをして、もう負けたことが「試合終了」の1時間前には報道されている試合の録画を流しています。http://www.nishinippon.co.jp/nsp/sports/worldgames/20061112/20061112_004.shtml

「逆転勝利!」などと煩いテロップを入れて、これはもう詐欺の域にあると思います。そして、この程度の内容を見ている輩に支えられているような視聴率をスポンサーはどう考えているのでしょうか、などと余計な事まで考えてしまいます。

試合前のあの歌は何だ!(女子プロバレか) 選手をアップにするのは止めてくれ!(可哀想だ) 会場の館内放送を使っての「ニッポン!」を主催団体は止めないのはなぜだ! などいろいろ文句はありましたが、この白けた放送を流しながら、久々にブログをしている私はやはり暇なのかもしれませんね。

(久々のブログなので短文で失礼します。)

« AERA Englishで中島義道が対談! | トップページ | 暇な仕事を嫌う »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

大変久しぶりです。 非常に面白いっすね。TBSですが、考えてみるとちょっとやり方が勇み足すぎますよね。放送局免許をとっているという社会的な責任もあるわけですから、もっと正確に報道する姿勢を見せてほしいですな。

Amiciziaさん
久々の記事へのコメントありがとうございます。
今日の朝日新聞に批判的な記事が出ていましたよ。(リンクが見つからなくてすみません。)
会場の運営を含め、テレビ局にやりたいように「演出」を任せている姿勢を批判したものですが、なんとバレー協会の山崎専務(R高校体育教諭?)のコメントでは、ここで得た資金が豊かでは無い国々のバレーを支えてると、とのこと。これには、競艇の収益でへき地に病院を建てているような違和感を覚えました。

御無沙汰しておりました。
TBSも同じようなことをやっていたのですね。
鳴り物入りで世界バレーを中継するのはいいけれど、日本の実力がイマイチなので、なりふり構わず盛り上げを図った、ということなのでしょうか。それにしても、もうちょっとうまいやり方がありそうなものです。
同じようなスポーツ中継への批判、ということでTBさせていただきました。

syunpo様
ゴルフやバレーも、プロレスやプロボクともう区別が付かないのでしょうね。TBありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/12659292

この記事へのトラックバック一覧です: TBS世界バレーも嫌う:

» 捏造された優勝争い [コラムニスト宣言]
 前回のエントリーで褒めたばかりの毎日放送(MBS)が、女子ゴルフの中継で意図的な「誤報」を流していたことがバレて、総務省近畿総合通信局から文書で「厳重注意」を受けた。  11月4日、ミズノ・クラシック2日目の中継放送でのこと。10組の宮里藍選手が16番ホールでバーディをとって、通算8アンダーとなった。この時、中継のアナウンサーが1位タイになったと伝え、テロップでも1位と表示した。だが実際は、この時点で2組の上田桃子選手が既に9アンダーでホールアウトしていたのだ。ところが、番組では上田選手がプ... [続きを読む]

« AERA Englishで中島義道が対談! | トップページ | 暇な仕事を嫌う »