無料ブログはココログ

« ゴルフ・デーを嫌う | トップページ | TBS世界バレーも嫌う »

AERA Englishで中島義道が対談!

「そもそも意思疎通など不可能で『通じるわけがない』と思えば楽です」との副題でパックンと中島義道が対談をしています。その一部を引用しますと、、。

哲学とは? Well ...philosophy to me is the use of language accurately or precisely.

英語コンプレックスは? I tell the native English speakers at international academic meetings that they must speak slowly and in short sentences.  Otherwise, it's not fair those who are not native speakers.

やはり英語ができないと、、 Yes, so you have to take a practical approach.  And don't forget that it is impossible to understand each other in the first place.

、、などなど期待通りの内容でした。(注:対談は日本語。記事にはパックンが翻訳監修した英文を併記。)

TOEICの点数を上げることに血眼になっている会社員・学生を主な読者にしている雑誌にしては随分と思い切った記事に読めます。しかしよく考えると、TOEICの点数を上げることはそこそこにやっておけばいいのであって、英会話などは所詮適当に通じればいいのだ、といったことを中島義道を通じて主張しているようです。

この雑誌の役割として、TOEICの点数が(会社での昇進や留学などに)必要な方には、無駄のない学習情報、つまり、傾向と対策、戦略と戦術、そしてモチベーションを授けることがあります。ある意味、英語が嫌いな(でも使わざるを得ない)人向けにAERA Englishは存在しているように思えてきました。

ところでTOEICに対する自説ですが、例えば600点が管理職昇進の基準だとすれば、600点までは「点取り虫」に徹するのが正しく、そして、それ以降も英語学習をするのであれば、TOEICの点数を目安にしながら進捗を測ればよいと考えています。(この主旨で900点ぐらいまでは有効との説を最近は信じています。)

もちろん、英語が好きな方を別とすれば、多くの日本人にとって英語などは本来使わなくて済むならばその方がいい訳です。「英語圏の人間は非英語圏の英語を理解する義務がある」というある英語教師の意見は全面的に賛成しています。

そういう私ですが、600点は以前に超えながらも、依存症的にTOEIC受験を続けていまして、TOEIC受験指導専門学校にも休暇の時には通ったりしています。何か手段と目的を取り違えているように思えてくるときもありますが、何もしないよりはいいと思って続けています。

« ゴルフ・デーを嫌う | トップページ | TBS世界バレーも嫌う »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

父親が英語がペラペラだったので今だに英語をしゃべれないことに対する非常なコンプレックスを持ってます。手段と目的を間違えているとは思いません。非常にいいことだと思います。とにかく何かにチャレンジすること、鍛錬することはすばらしいです。小生も作曲を勉強していて、勉強そのものが好きですから。

Amiciziaさん、コメントありがとうございます。
英語へのコンプレックスがあると仕事に差し支えるので「英語圏の人間は、、」という話しがあったのだと最近は実感しています。そして、TOEICでも指標にしない限りは英語学習のモチベーションが維持できそうにありませんよ。(TOEICを目的にするぐらいで丁度いいのかもしれませんね。)
少々英語を勉強したぐらいでは正確に話すことなどとてもできません。何かの機会を持てた方(強いられた方)が英語学習と実践を日々続けた結果、気が付いたらTOEICで900点以上を取れるレベルになっていた、というのが「自然」に思えます。
「不自然」な私としては、テニスと並ぶ「鍛錬」として取り組んで行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/12149906

この記事へのトラックバック一覧です: AERA Englishで中島義道が対談!:

« ゴルフ・デーを嫌う | トップページ | TBS世界バレーも嫌う »