無料ブログはココログ

« TBSの世界バスケを嫌う | トップページ | ゴルフ・デーを嫌う »

WOWOWを嫌う

全米テニスは報道管制下にあるようです。WOWOWが独占放送しているためでしょう、試合の様子などがほとんど放送されません。

Wikipediaによると、「日本では1979年から1983年まではNHK総合テレビが独占放送したが、1987年から2004年までTBSテレビが製作を務めており、JNN系列全国28局ネットで放送していた。セールスはテレ・プランニング・インターナショナルとビデオプロモーションが担当しており、マスターズゴルフトーナメントと同様、アナウンサー提供コメントなしで放送していた。2005年からはWOWOWが独占放送している。」ということです。

趣味性の高いものであれば「独占放送」というのも商売として許容されるのでしょうけれど、野球やサッカーなどよりも競技人口の多い(と私は思っている)スポーツの世界大会をこのようなかたちで「独占」するとは何事でしょうか。TBSが世界バスケットの決勝戦を深夜にそれも録画で放送するのは、バスケットへの侮辱であり、日本の恥だと思って嫌悪感がありましたが、WOWOWという放送局の所業はそれを超えて「商業放送」という「資本主義のシステムそのもの矛盾」を感じます。

そもそも商売として考えた場合にも、一部だけ動画を放送局各社へ配信し、それを観せることで興味を引いておいて視聴者の獲得をした方がまだ儲かるのではないかと思います。もともと異端に近い業態故に他局から嫌われて「兵糧攻め」状態なのでしょうか?過去に何度も潰れかかった会社なのでリストラし過ぎてそこまでの「営業努力」に手が廻らないのでしょうか?松下電器産業出身の社長のセコサ故なのでしょうか?(そういえば、観ていないので伝聞でしかありませんが全米テニスはハイビジョン放送をしていないようです。これは映像で商売をしている会社としては怠慢です。)

有償のCS放送にも似たような事例はあります。一部のマニアしか見ないようなスポーツのコンテンツの「独占」は商売にしないと成立しないのでしょうから逆に必要なのかもしれません。そして、「置屋」のようなもので、好きな人がお金で解決すればいいのです。F1、プロレス、プロボク(と最近は呼びたくなりますね)、水球(、、これは無いか)。しかし、テニスのようなものは「公共性」が高いのですから、お金を払ったからといって囲ってはいけません。

まあ、地上波デジタルが本格化すれば、時間の問題でつぶれる会社なのでしょうから今更嫌ってみても虚しさが漂うものですが、それにしても恨みは残ります。あの網掛け映像のイヤラシサとともにどんなことがあってもWOWOWの手には乗らないゾという決意を忘れないようにします。

« TBSの世界バスケを嫌う | トップページ | ゴルフ・デーを嫌う »

スポーツ」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

 すみません。私、JSB(WOWOW)設立当初から見てます。(父親が新しい物好き、実家に居たときからだからです)(笑)
 しかし、いまだJSBには本当の経営者もいなければ、営業力もダメですねえ。素人同然だと思うのは私だけではないと思います。一時期は送られてくる番組表も2,3ページのぺらぺらの見にくいものでした。
 ですからFADさんの言うように何度も潰れかけて、結局潰れるのも時間の問題でしょう。彼らは基本的に商売というものを知らないし、結局擬似既得権益者だというおごりがあるために、いつまでたっても本当の商売できない。たしかにFADさんの言うように少し他局に流して「映像提供WOWOW」としておいたほうがどれだけいいか。まさにそう思います。
 まあ、あの網掛け映像の向こうには砂漠が広がっているだけですよ。ご安心あれ(笑)
 砂漠マニアより(笑)

eric_breaさん
羨ましい、、。私は一人暮らしのとき、NHK受信料を拒否するため「家にはTVなど無い!」ことにしていたため、当時音楽系がとても内容が充実していたWOWOWに入り損ねました。
放送業者の営業力といえば、J-COMは営業力しかない企業です。巷ではシェアが上がって優良企業のようなことが言われていますが、強引な売り込み方で、欠陥商品を売る詐欺であり、近所の多く方が怒って解約しました。(これはいつか記事にしたいと思っています。)
「擬似既得権益者」の末路など日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」で読みたくないものですが、フェデラーやシャラポワは「録画」でも「ハイライト」でもいいから旬のうちに観たかったです。(知人が今度ビデオを貸してくれることにはなっていますけれど、、。)

wowowとやら、その経営状態はしらないけど、このところ熱心に無料視聴サービスを展開しているのはご承知の通り。私も昨年宣伝に誘われ、サービス提供を受けたものの、番組の内容と趣味が合わず、12月に解約しました。(少なくとも私の記憶では)
ところが、1月末に知らぬ間にクレジットカードから代金の引き落としが。

驚き、カスタマーセンターに連絡すると「1月某日某時某分」に解約の連絡を受けており、月が替わったのだから課金は当然との担当者の答え。

人間には記憶違いは付き物。12月に解約と思った私の記憶違いか。まずは真偽を確かめるのが筋と、その解約届けを受けた日時を示すペーパーを示して欲しいというと「個人情報だから出せない」だと。

馬鹿も休み休み言え、とはこのことではないか。
こんな理屈が通るなら、無料サービスで顧客を誘導しておいて、解約の日時を都合よく改ざんして、不法に料金を請求することだってできてしまう。

大体、解約の電話をかけてもまず1時間はつながらない。普通の人は根負けしてしまうだろう。これも解約を遅らすための意図的システムかもしれない。

年末の大キャンペーンで無料視聴サービスに応じた視聴者も多いだろう。番組が趣味に合わず解約したくとも電話がつながらなかったり、根拠の曖昧な料金を請求された被害者は他にもいるのでは?

経営に行き詰っているかどうかは知らないが、wowowが故意にこうした詐欺まがいの商法に頼っているとは信じがたい。だが、そう疑いたくなる対応ではあった。

世にタダほど高いものはないとはよく言ったもの。ご用心、ご用心。

WOWOWさん
ご「通報」ありがとうございます。解約の証拠を個人情報だから出せないと言われ、電話を入れてもすぐにつながらない、など詐欺行為としか言いようのない仕掛けですね。この内容なら、しかるべき仲裁機関(消費者センターなど)に申し出て、調査をしてもらうことなども考えられますが、それだけの体力を消費するのはモッタイナイ、のでしょうね。クレームを愉しむユトリも必要だ、と最近は妙に忙しくなってしまった私としては思いました。
またご用心系の「通報」などよろしくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/11840904

この記事へのトラックバック一覧です: WOWOWを嫌う:

« TBSの世界バスケを嫌う | トップページ | ゴルフ・デーを嫌う »