無料ブログはココログ

« 手抜き貼り紙「金正日=Criminal」を嫌う | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) »

ひとを嫌う行動の難しさ(ノボリ編)

「無責任な警察のノボリ」がこの週末、住んでいるマンションから撤去されました。管理組合からは、1ヶ月間という地元警察からの要請を受けたものである、との連絡を受けていましたから、私の要望書がなくても撤去はされていたのでしょう。(とは言え、丁度31日目に撤去されたのは気持ちがいい。)

実は管理組合理事の複数とは知り合いです。諸事情から察すると、地元警察を全面に出して別の活動(公道でのアイドリング駐車への警告表示)をした直後だったようで、断り難かったという状況があるようです。公僕を盾として活用する事は私もよくやりますから、管理組合のこの判断を私として責める訳には行きませんでした。

・・・ということで、この1ヶ月間は毎日このノボリを見ることになったのですが、このおかげで、商店の前にあるノボリとの戦いの日々を思い出してしまいました。

ミスタードーナッツとの戦い

ある風の強い日、「100円キャンペーン」が私を襲ってきました。あれは危なかった。土台の容器に水を入れて重くしてあっても、土台自体がノボリを支える部分が緩く、もともとフラフラしていました。2メートルはあるポールの先端がまともに顔に当たれば相当痛いし、失明の恐れだってある。通行する人も迷惑そうにしているのを知っていましたので、これは私に与えられた天命であるとの思い、すぐに電話とメールの両面作戦を実行しました。「お客様相談室」の電話で相手が思わず言った内容をそのまま議事録にしてメールで送るという作戦です。撤去を約束したのに翌日にそうなっていなかったことをメールで入れました。どうやら店舗には「通行の邪魔にならないように」程度の連絡しかしていなかったようです。それでも、メールで「昨日の電話では・・・」と約束事項を確認すると、企業人の習性で直ぐに対応し、翌日に無くなっていました。ただ、店長が代わってからは控えめながらまた出るようになっていますので、そのうち「因縁」を付けたいと思っています。直接店長に文句を言いに行かないのか、という声が聞こえてきそうですが、実は私自身、ドーナッツが好きなもので店舗とは直接対決したくはなかったという事情があります。(トホホ)

不動産屋との戦い

大企業との戦い方には慣れているのですが、街中の中小企業相手となると辛い。弱いものイジメは好きではない。それでも、歩道を我が物顔で占拠して「明日のコミュニティをつくる」とノボリで宣言する不動産屋には腹が立ちました。宅建取得者なら歩道とは何かを良く知っているのですからなおさらです。そこで弱いもの同士の戦いに追い込もうと、捨て看板という不動産屋の不法メディアを活用しました。ノボリを立てている不動産屋も、物件の近くでは捨て看板を使っているのでしょうが、店の前の電柱には捨て看板を掲示していません。また、同じ不動産屋同士の仁義でしょうか、他社の捨て看板も見かけません。これは不公正でもあります。数度試みたのは適当な捨て看板を「拾って」、そっと夜のうちに不動産屋が昼間ノボリを立てるところに置いてしまうという作戦です。ノボリを立てると丁度その両脇に捨て看板がシンメトリーになるように配置してみました。でもこれは虚しい結果に終わっています。3度は試みたのですが、捨て看板が外されただけで何も起きず、ノボリは立ちつづけました。直接「因縁」を付けに行く事も考えたのですが、地元の不動産屋は「弱いもの」とはいえ、もっと弱い私にはそれこそ何をするか分からない怖い存在です。それまでの行動もばれているでしょうから、逆に「因縁」を付けられる可能性がある。私は痛いのや怖いのは嫌いですから、不動産業界に匿名で投書だけしました。何の効果もありませんでしたが。(トホホ)

ノボリとの戦いが難しいのは、捨て看板や貼り紙と違って、ビラと見なして「拾う」ことができず、ポールなどは明らかに私有財産に見えるので勝手に破棄できないことです。公僕を使おうにも、「交通安全キャンペーン」などといって横断歩道で歩行者の視界を遮る危険なキャンペーンを警察自らがしているぐらいですから、協力などしてくれそうもありません。そんなノボリにまつわる状況を見据えてなのか、ここ数年では闇金融数社(を相手にする闇広告業者)による高さ1m程の金属製看板がワイヤー付きの鍵で固定される光景まで見るようになりました。あれはなぜ放置されつづけているのでしょうか?公僕から堅気までがノボリで公共空間を私有しているのと物理的には似たようなものだからだと思っています。

いつかやってみたいのは、「ノボリ禁止 不法ノボリ防止協会」という小さいノボリをたくさん作って、夜のうちに昼間ノボリが立つ場所へ一斉に立てるということです。環境に配慮して、ポールは新聞紙を丸めて作り、A4の紙には両面印刷をして資源を有効に使いたいと思っています。大企業と中小企業、営利目的と非営利目的、業態(飲食店、不動産、薬局、警察など)の属性によって効果の違いが出るか?それぞれのn数は統計検定ができるだけはあります。これって、今年の夏休みの自由研究かな。

« 手抜き貼り紙「金正日=Criminal」を嫌う | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご活躍、ご苦労様です。
ドーナツ好きでしたか(笑)
私もアニメ”シンプソンズ”のホーマーが原子力発電所でドーナツをぱくつくところを見ては、さすがアメリカ、原発も安全なんだなあ、と勘違いしてみている男です。

「革命的不法ノボリ殲滅協会首都圏委員会」として
わたくしも
Down with the NOBORI !
などと、ビラをつけつつ棒をさすところに夜中に、なんか詰め込みましょう(笑)

私、今回思ったのですが、FADさんて、すごくお茶目な人なんではないかと。(失礼)
私なんかのいい加減さとは違ってうらやましい限りです。
というなんともまとまりの無い文章、これもいい加減な私だからであります。
ご活躍お祈りしております。
旋盤と、材料さえあれば、私がノボリをさせないような物、作りますが、はめあいは・・・ ってもうよろしいようで(笑)

[返信]
「革命的不法ノボリ殲滅協会首都圏委員会」は「不法ノボリ革命的撲滅協会・・」ですよね。「革命的不法ノボリ」なら私は賛同してしまう可能性があります。
「地元小学生の絵」を偽造するという手の方がほのぼのしていていいかなと思ったりしています。「くるまがみえません」「みんなでるーるをまもりましょう」「はんかちならぼくもってます」なんて添えて。
・・・「夏休みの自由研究」は昔から企画倒れが多かったのですが、今回も有言不行になりそうです。(FAD)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/10962051

この記事へのトラックバック一覧です: ひとを嫌う行動の難しさ(ノボリ編):

« 手抜き貼り紙「金正日=Criminal」を嫌う | トップページ | 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) »