無料ブログはココログ

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) | トップページ | 亀田三兄弟人気を嫌う »

メンタフダイアリーを嫌う

ライフバランスマネジメントという企業があります。企業向けにメンタルヘルス関連のサービスを生業にしているのですが、ここが開設している「メンタフダイアリー」という、一種のブログを今回は嫌うことにします。実はやや本気になっています。同じくFADというハンドル名を使い、この数ヶ月「日記」を書いてきたのですがついに堪忍袋の緒が切れてしまいました。

読者の皆さんはこのリンクが開けるのでしょうか?(このダイアリーは<承認作業>を経て公開されるので、公開前は不明です。でも今回のように公開されない場合を考え、全文もアップしておきます。)

タイトル:本気でメンタフダイアリーを嫌う

起こったこと:このダイアリーは積極的にパチスロ依存症関係者を勧誘していた。それも、パチスロの業界団体が主催するサイトから。

その時、頭に浮かんだ考え:その事実を知った瞬間、私自身のこの数ヶ月のダイアリーへのアップは実に虚しい行動だったと心底思い、そして、このメンタフダイアりーを、、、数日は悩んだが、本気で嫌うことを選択した。

そう考えた根拠:私のアップは「演出用小物」だったようだ。酒造組合が禁酒のためのサイトをつくるだろうか、日本たばこ産業が禁煙のためのサイトをつくるだろうか。パチスロの業界団体がそれを作るということは欺瞞であり、それを中和するために私は貢献してしまったようだ。パチスロ依存症の方々の足を引っ張り、パチスロ業界の反社会的な金儲けを手助けしてしまった。

別の自分だったら・・・:パチスロ業界は長年の偏見(さらには差別)に晒され、多くの「常連」からは恨まれ続けているのだ。職業に貴賎は無い。その業界関係者のせめてもの罪滅ぼしを認めるぐらいの柔軟性があっても良いだろう。 また、それを(商売とは言え)支援しているMTOPについて一方的に非難するのも柔軟性に欠けている。こんなダイアリーを「公開」しても公開などされないかもしれないのに、日曜の夜の貴重な時間を使っているのは現実的ではないし、私にとってはプラスとはいえない。

現実的な着地点: 前回もそうだが、とりあえずは「公開する」のラジオボタンを押そう。それで何かが始まることを期待して。

気分の変化:嫌悪感の強さ 95% 75%

以上、全文でした。書きたい内容はすべて正直に書いているので付け足すことはあまり無いのですが、メンタル系を商売にする企業の「貧困なる精神」にはほとほと愛想が付きました。参考までに、こちらがパチスロの業界団体が主催し、ライフバランスマネジメント社が協力しているサイトです。

http://www.pachinko-izon.net/top.html

実はこの企業と私の勤務先は契約しているのですが、私の影響力を使って、契約を破棄してもらうように明日から動く予定です。その後どうなったかはまたアップします。

追記:私のブログの(きっとクセのある)読者各位へ

お時間があったら「演出用小物」に自ら一度なってみてはいかがでしょうか?どの程度までズレがあっても「承認作業」という検閲を通過できるか刺激的ですよ。(私は過去2度ほど通過できませんでした。)メールアドレス以外はなんとでも語れます。こちらから登録できます。https://www.mtop.jp/diary?action=OurDLContribution

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) | トップページ | 亀田三兄弟人気を嫌う »

ギャンブル」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 んー。
 町工場(従業員6人)のころに「うつ」発症、私自身今もつごう4年くらい薬を飲み続けております。
 
 しかし、パチンコ依存症に関する、依存を治す?プログラムを始めたなどという報道を見たときに、なんだろう、この矛盾はと思いました。一方では一生懸命通わせるような仕組みを作りながら、通ってきている人間を病気扱いしてプログラムを作るとは、社会的なエクスキューズを作るだけの薄っぺらいものなのだろうなあ、と。
 たしか、テレビでCMを流せるのはパチンコ”台”や、TVゲームそのものを製造している会社で、いわゆるパチンコ屋や、ゲームセンターは出来ないと思いました。
 しかし、”台”自体のCMが流されればそれをやりたいと思うのがご依存者様たちの正直な気持ちであって、まずそれを全面的に自粛するなどの行為を具体的に始めるのが筋ではないかと思います。
 しかし、パチンコというものの”後ろめたさ”というものを私は未だにもっているのですが、そういう感覚というのは古いのでしょうかね(それが元々の差別てき扱いともいえるのかもしれないですが)。
 実はわたくしも、去年でしたかそれこそTBSの番組の掲示板に投稿しましたが、検閲を受けて通りませんでした。たしかにそこには、内容を確認する旨書いてありましたが、それならば、掲示板などを立ち上げるなと思いました。検閲をさんざん批判しておきながらそれを堂々とやってしまうTBSにあきれたものです。
 現在、相手が大衆で、顔が見えなければとにかく彼らは横暴に振舞ってきます。本当はその大衆の気持ちを使って儲けなければいけないはずなのに、です。
 まあ、メンタル系を商売としている輩はなあ・・・。本当に信用できる人間達なのかな、と思ってしまう未だ薬を飲んでいる半患者としての自分が一方にいるのもまた事実なのです。
 ということで、そのときのブログ、TBさせていただきます。

[返信]
メンタルな問題での薬物療法は(こう見えても)私も経験者ですよ。2年で終わりましたが。
パチスロ業界への差別というのは、在日朝鮮人、暴力団、警察OB組織らからなる業界構造へのイカガワシさに由来するものだと思っていますが、それは置きましょう。
私として主張したいのは、メンタル系の企業やその分野にいる大学教授であれば、そのような依存症を生み出す仕組み自体へ抗議行動を率先すべきだということです。ニコチン依存症=タバコの問題に置き換えて考えれば当然でしょ。
TBSの番組に関する記事のトラックバックありがとうございました。そちらにコメントを入れました。(FAD)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/11155112

この記事へのトラックバック一覧です: メンタフダイアリーを嫌う:

» TBSという、似非報道機関 [ジョージオーウェルよ!]
この夏TBSのキャンペーンで 「涙をながそうプロジェクト」 などという、卑しい名前のキャンペーンが張られている。 その中でも 昭和20年8月6日に広島に落とされた原爆のドラマを作って、 「涙をながそう」ということらしい。 しかし、待ってくれたまえ、 広島の原爆で虐殺されたのは約30万人ともいわれる。 その、虐殺された人達をだしにして、 「涙をながそう」 とは、なんと卑しく、不謹慎なことか。 人の不幸で、いち企業が利益目的のために 「涙をながそう」などと。 あ... [続きを読む]

« 「私の嫌いな10のジャズ・ミュージシャン」(その2.女性のジャズ・ミュージシャン) | トップページ | 亀田三兄弟人気を嫌う »