無料ブログはココログ

« 通勤電車で嫌われる私 | トップページ | 「嫌う、ということ」にお答えして »

会社のグローバル化を嫌う

勤務先の会社の人事制度が偏向してきました。自己嫌悪に陥らないためにその嫌悪感に深入りしてみたいと思います。

勤務先は、プロフィールにも書きましたが、アメリカ合州国に本社があり、成功事例として紹介されてきた日米合資の製造業です。とは言え、日本の出資企業は、高配当の投資先や役員OB再就職先としか見ていないので実体は米企業の日本法人です。「アメリカが嫌いではなかったのか」との声が聞こえそうですので先にお断りしておくと、官僚(的)組織や全人格的な関係を迫る日本企業の方がもっと嫌いなので、また大学に残ったり、〇〇士の資格取得も能力が足りなかったので、半ば消去法から、(会社訪問時のOB曰く)「上の腰が据わっていない」「自分の好きなように仕事ができる」この会社を選んだ経緯があります。実際以前はその通りでした。

ここ数年、日本の経営層はビジネスのグローバル化(国境が希薄になってきた程度の意)と米本社からの有形無形の圧力を背景に、日本に税金が落ちない仕事を安価で請け負っています。以前の経営層はこの流れに抵抗し、日本に税金が入るようにビジネスモデルを工夫したり、組織を分けて対処してきました。問題点をもう少し具体的に言えば、アジアの他国への(顧客である)日本企業の流出に伴い、現地法人にビジネスを移管する(=日本に税金が落ちない)ことに抵抗するのを止め、逆に促進しています。

「日本に税金が落ちない」とは、私の給料や将来に関わること全体を象徴した言い方でして、この「見通し」が揺らいでいるのが嫌悪感の背景のひとつだと思っています。純粋な日本企業であれば、輸出で稼ぐ、ライセンス料で稼ぐ、配当で稼ぐなどいろいろ手はあるのでしょうが、「米企業の日本法人」ですから、人件費相当を現地法人から回収するだけで、ちっとも儲かりません。

次に、日本の経営層として、前述のようなビジネスのグローバル化や米本社に抗し切れなくなったことを背景に人事制度として次のような施策を始めました。

1.給与体系を米国本社に合わせ、職位で給与を決めるようにした。これは以下2点のための環境づくりでもある。(ミクロでいうなら、職位と給与が連動するため、役割と処遇のギャップから生じるモチベーション=仕事のやりがいで報いる、が消滅した。私は逆の恩恵を受けているのでこれ自体を強く否定はしないが、、。)

2.若手社員を米国や他の海外法人に積極的に出して、将来の米国経営層にすることを本気で始めた。(以前は人脈づくりや英語を含めた能力開発的色彩が強かった。穿った見方をすれば、最近は「二重スパイ」を送っているのかもしれないが、本人達にはその自覚が無いから多分違う。日本の暗黙知を売る、ただの売国奴だ。売国奴でも構わないが、彼らにその自覚や覚悟が無いことに私は嫌悪感を持つ。ちゃんとヒールをやりなさい!)

3.若手や女性の抜擢人事を強行し、逆に「普通の社員」の処遇が悪くなった。(例えば、経営・人事幹部は、管理職昇進者の平均年齢を下げ、女性比率とTOEICの点数を上げることが数値目標らしい。この結果、年齢逆差別、男性逆差別、英語差別が横行している。故に、若い女性で英語ができればこの会社では直ぐに出世できる。それでも今の私は構わないのだがほどほどに優秀な方々が辞めていくのは実にモッタイナイ。)

一方でこれらが、逆差別されている方々(男性・中高年・英語と無縁な営業系)の長年の功績や、数年前の「日本に税金を落とす」努力の成果によって実現した、現在の好業績を食い潰すかたちで「改革」として進行しているという現実があります。このことにも私は強い嫌悪感があります。

視点を広げて、資本の論理でそうなるのは当たり前だ、とお考えの方もいると思いますが、そうならない「とろい」「ローカルな」「浮世離れした」企業として長年やってきましたから嫌悪感があるのです。グローバル化しているから生き残るためにやむを得ないのではないか、とお考えの方もいるでしょう。つぶさに見るなら、よくあるグローバル化=アメリカ化でもなく、本来の意味での世界全体にわたる戦略思考の結果でもなく、グローバル化という強迫観念からの性急な対応策、つまりは先のことや現場のことを良く考えていないから私は嫌悪感を抱くのです。

一連の改革を推進している中心人物が定年直前のアメリカ帰り事務屋だという点にも嫌悪感があります。自分の年金の一部がアメリカから出るわけですから全くケシカラン話しです。

本題に戻るならば、私の勤務先で使われている「グローバル化」という言葉への違和感、それで全てが正当化されるという思考停止、ここに大きな嫌悪感があるわけです。

..だったら辞めれば、と言う声も聞こえてきそうですが、そのような会社の一側面を嫌って自己嫌悪に陥らずに済んでいますから大丈夫です。これからもアメリカからの「搾取」を続けます。

« 通勤電車で嫌われる私 | トップページ | 「嫌う、ということ」にお答えして »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

FADさん
トラックバック&コメントありがとうございました。
blogを最初から読ませていただきましたが、強烈な違和感を覚えたのでコメントを書き始めたのですが、非常に長文になってしまったので自分のblogに書いてこちらへトラックバックしました。人を嫌うということにとても意識的なFADさんなら受け止めていただけると思っています。
(なお、私は今日から海外旅行へ出かけてしまいます。お返事できるのは5/6以降になります)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/9810819

この記事へのトラックバック一覧です: 会社のグローバル化を嫌う:

» おかしい・・・ [共通テーマ]
社会を見て感じた疑問や矛盾へのオブジェクションなど。 いろんな「?」「!」をどうぞ。 [続きを読む]

« 通勤電車で嫌われる私 | トップページ | 「嫌う、ということ」にお答えして »