無料ブログはココログ

« 日曜日の群集を嫌う | トップページ | 通勤電車で嫌われる私 »

「35歳のみ500円」のシャープ製品不買の奨め

セコイ企業だと思ってましたがこの「事件」は社会や消費者を愚弄してます。比較的経営寄りのはずの日経の記事でも以下の通りです。

<シャープの賃上げ、実は35歳の社員のみ>2006年の春季労使交渉で、「35歳・500円」の賃金改善(賃上げ)とされたシャープの妥結内容は、35歳の社員だけに限られたものだったことがわかった。対象者は組合員2万5000人のうち、4%にあたる1100人にすぎなかった。モデル年齢の組合員のみに賃金改善を実施するのは異例。同社の労働組合幹部は「他社と足並みをそろえるための苦肉の策」と話しており、ストライキ回避が目的だったとみられるが、組合員の一部には不満が残っている。シャープなど電機大手の労組が加盟する電機連合は今交渉で2000円の賃金改善を統一要求。シャープについては、今年4月1日時点で35歳の社員に限り500円を引き上げる回答内容だった。定期昇給(定昇)は組合員全員が対象で、35歳モデルで6500円。一部に反発が出たが、結局妥結した。シャープは液晶テレビの販売が好調で、06年3月期の営業利益が、前の期と比べ6%増の1600億円程度になったもようだ。

(そんな会社である事ぐらいは就職時に判断できた)社員には全く同情はしません。しかし、このような反社会的な企業行動をしても、吉永小百合に騙されて消費者はシャープ製品を買う、とこの会社の経営者や労組は高を括っているのでしょうか?いえ、そこまで考えていないでしょう。労使で隠蔽できるとでも考えていたのでしょうか?いえ、そんな事すら考えられないのでしょう。反社会的であること、つまり社会秩序に反していることだとの認識も持っていないかもしれません。要するに、ここの労使は自分達の極めて短期的な利害だけしか考えられないのでしょう。「他社と足並みをそろえるための苦肉の策」で、社会と足並みがそろっていない結果を招くとは喜劇的ですらあります。

詳細は割愛しますが、この企業の購買姿勢は日本の電気メーカーの中でも最低ランクです。「他事業部が赤字で会社の利益予算に達しないので(うちの事業部は儲かっているが)値段を下げてくれ」「値下げだけでは足りないから一時金を出せ」など、納入している企業の足元を見た、実にエゲツナイことをかなり以前からしています。これに通じるものを今回の「事件」からは感じます。(それにしてもこれをだれも告発しないのが不思議です。まあ、韓国の某社も似たようなものですが、、。)

実は、企業が社会や消費者を愚弄しても、そしてエゲツナイとしても、私自身は一向に構いません。そんな企業はいくらでもあります。しかし、物事をよく考えない、頭の悪い会社の製品は近くに置きたくありません。(ああ、この電子辞書どうしよう~)

このような嫌悪感を積極的に晴らすために取れる行動としては、一消費者として(抗議の電話を入れる事もできるでしょうが)不買運動が現実的と考えました。自分だけではなく、もちろん他人にも、液晶テレビなら、店頭効果狙いで正面輝度だけのシャープではなく、(韓国にお金が落ちるのが癪ですが)色純度の高いソニーか、視野角特性が抜群の東芝、松下、日立を奨めます。ビクターはシャープのパネルを使っているので奨めません。そして、電子辞書や携帯電話(あれは携帯テレビ!)も同様にします。また、個人的には自分の仕事で出来る範囲になりますが「不売運動」も考えています。

そんな私のセコイ運動とは関係が無くても構わないので、ブランドイメージが地に落ちて、「地上に落ちたシャープペンの芯の欠片」になって行くことを今後期待したいと思います。(これでやっとブラビアが買える!)

追記:そのシャープからソニーが液晶パネルを買うことが本決まりになってしまい、パイオニアはプラズマを(粗製乱造してきた)松下に「製造委託」。株式市場対応なんでしょうがブランド価値とこちらのモチベーションを劣化させることを大々的に発表しなければいいのに。だからと言って、液晶テレビが大赤字でいつビジネスを止めるか分からない日立や東芝は勇気が無くて買えないし。わが家はあまりテレビを見ないので10年以上前のトリニトロン32インチが健在なんですが、ああ壊れたらどうしよう~。[2008年3月]

« 日曜日の群集を嫌う | トップページ | 通勤電車で嫌われる私 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

拙ブログへのご訪問&コメントありがとうございました。

悪質な企業に対する「不買運動」は、一つの「意思表示」として、私はもっと積極的に考えていい消費者のパフォーマンスだとつねづね思ってきました。その意味で、お説に賛同いたします。
また、おじゃまさせていただきます。

syunpoさん
ご多忙のところコメントありがとうございます。また、コラムの達人よりコメントいただいたこと自体とても光栄です。
ところで、先ほど読んだニュースではシャープは3期連続増収総益とのこと。今日もシャープの液晶TVを買わないように奨めましたが、明日からはもっと行動して、重たい携帯電話、耐久性に劣る電子辞書、直ぐに壊れるパソコンも「宣伝」したいと思います。
また、個人的には「不売運動」も始めてしまいました。こんなケチな会社に苦労して開発した製品が採用されても嬉しくありませんし、他社への宣伝にもなりません。
私の電子辞書は私が日頃から嫌っている(と本人は気付いていない)人に進呈するつもりです。

上層部があぐらをかき始めた証拠ですね。
要は団塊の世代です。
自分たちの退職金を維持するのにやっとなのでしょう。
どこの会社も団塊の世代の上層部は実力ではなくライバルの足をひっぱってのしあがった者がほとんどです。
自分らの退職金が上がるなら、今後の会社のことなどどうでもいいのです。
モチベーションを下げたことに対する責任を糾弾するべきでしょう。
組合も何をやっているのでしょう。
別に作り直したほうが良いのでは?

八王子市民さん
コメントありがとうございます。(よろしければ他の記事にもお願いします。)
シャープの社長は50歳ぐらいですが、その取り巻きが団塊ですね。それもプロパーだらけ。ご主張はごもっともです。
この会社の会議はスゴイと以前に社員から聞いています。ほとんど罵りあいだそうで、人の足をひっぱるどころか、頭を押さえ、背中を叩き、足を踏むような状態になるそうです。そして罵倒の上手い方が出世するのだそうで。
、、とはいえ、吉永小百合効果はスゴイ!きっと社員のモチベーションも支えているのでしょうね。ここでも安く上がっています。
組合はきっと保険の斡旋ぐらいしかやっていないでしょう。
好業績の企業なんて内実はどこもこんなものでしょうね。トヨタも同類ですがそんなセコイ企業を市場は評価するんですよね。いつまで続くか判りませんけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172974/9683040

この記事へのトラックバック一覧です: 「35歳のみ500円」のシャープ製品不買の奨め:

» 今日のニュース [共通テーマ]
今日のニュースについて思ったことを何でも。書いてください。 [続きを読む]

» シャープの「羊頭狗肉」 [コラムニスト宣言]
 家電大手のシャープが、おかしなことをやっている。  今年の春闘で、妥結した500円の賃上げが、公表される「モデル賃金」の対象となる35歳の社員だけだった、というのである。いうなれば「羊頭狗肉」、外面(ソトヅラ)の数字合わせだけして、会社外部の人間を事実上欺こうとしたズル賢い「情報操作」といっても過言ではない。実情を知らずに「シャープ500円賃上げ」の情報だけに接した者は、「この厳しい情勢下で賃上げしたのだから、シャープも業績好調なんだぁ」と思い込むだろう。  このようなインチキな妥協案を呑... [続きを読む]

« 日曜日の群集を嫌う | トップページ | 通勤電車で嫌われる私 »